お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

工場での業務を「見える化」することのメリットとは?手順や事例も紹介

工場での業務を「見える化」することで、ミスを予防したり、作業員の効率を上げたり、仕事のパフォーマンスを向上させたりすることができます。


この記事では、工場での業務を「見える化」するメリットや手順、事例をご紹介します。工場での業務を「見える化」したいと考えている方は、ぜひご覧ください。

目次[非表示]

  1. 1.工場での「見える化」とは?
  2. 2.工場で「見える化」するメリット3つ
    1. 2.1.ミスが減る
    2. 2.2.無駄な業務を発見できる
    3. 2.3.新人教育にも効果的
  3. 3.工場で「見える化」する手順
    1. 3.1.業務内容の把握
    2. 3.2.スキルマップの作成
    3. 3.3.業務マニュアルの作成
    4. 3.4.日々の業務の記録をわかりやすく記録
  4. 4.「見える化」の事例:工場での設備の故障をすぐに発見
  5. 5.まとめ


工場での「見える化」とは?

「見える化」とは、物事を誰にでもわかるようにすることです。工場における「見える化」では、生産工程を誰にでもわかるようにします。


生産工程を見える化することは、問題点を発見することに役立ちます。ミスを予防したり、作業員の効率を上げたり、仕事のパフォーマンスを向上させたりすることが可能です。

工場で「見える化」するメリット3つ

工場での業務を「見える化」することは様々なメリットにつながり、生産性や品質を向上させることにつながります。工場で「見える化」することで得られるメリットを3つご紹介します。

ミスが減る

「見える化」することで、現在の業務の行程が把握できるため、現場の問題点を発見することができます。課題を発見することで、効果的に改善できます。ミスを最小限にして、生産性や品質を向上させることに効果的です。

■関連記事:ヒヤリハットとは?その大まかの事例をカテゴリごとにご紹介

無駄な業務を発見できる

「見える化」して現在の業務の行程を把握することは、無駄な業務を発見することにもつながります。見つけた無駄な業務をなくしていくことで、生産性が向上します。

新人教育にも効果的

「見える化」することで、業務の進め方が明確になります。そのため新人も業務の進め方を理解しやすくなります。新人教育にかける時間が短縮されるため、他の仕事に使える時間が増え、生産性の向上につながります。


工場で「見える化」する手順

工場での業務を見える化する手順をご説明します。工場での業務を「見える化」する際は次の手順で取り組んでみてください。

業務内容の把握

まず工場での各業務について、内容や工数、必要なスキルなどを把握しましょう。業務を行っている作業員にヒアリングをして、情報収集します。

スキルマップの作成

社員一人ひとりのスキルをまとめた表「スキルマップ」を作成します。工場での業務の見える化に役立ちます。縦軸に社員の名前を記載し、横軸にスキルを記載しましょう。

業務マニュアルの作成

業務内容がわかりやすく記載されている業務マニュアルを作成します。マニュアルを見れば誰でも業務内容がわかるようなものを作成しましょう。表などを用いて、客観的にわかりやすいよう内容にします。

日々の業務の記録をわかりやすく記録

日々の工場での業務を「見える化」します。そのためには、工場で働いている作業員の毎日の作業時間や作業内容を「見える化」する必要があります。そのためには日報やチェックリストなどの紙データを電子化しましょう。


次のような方法によってわかりやすくわかりやすくすることができます。


●      タブレットでデータを作成・確認する

●      音声入力システムを利用する

●      分析結果をグラフや数値にして確認する

●      ツールを導入する


このような方法により、工場での業務を見える化することができ、作業員が効率よく働いているか、問題点はないか確認できます。

「見える化」の事例:工場での設備の故障をすぐに発見

工場での「見える化」の事例をご紹介します。見える化することで問題点を発見し、設備の故障をすぐに発見できるようにする事例についてです。


見える化が進んでいない設備での故障の発見は、管理者が定期的に見回る中で見つけたり、管理室からカメラの映像で故障を知らせるパトランプの点灯を確認したりして発見します。


しかし「見える化」することで、このように管理者が目視で発見する方法では、故障の発生から管理者が発見するまでに時間がかかっていることがわかります。場合によっては故障を知らせるパトランプの点灯を見落としてしまう可能性もあり、こうなると発見するまでにさらに時間がかかることになります。故障を発見するのが遅れると、ダウンタイムが長期化したり、後工程へ悪影響が出たりします。


このような発見の遅れの改善方法として、設備の稼働状況を読み取り通知できるようにすること方法があります。設備の稼働状況を読み取り、故障が発生した場合はリアルタイムに検出し管理者へ発生日時と設備名を通知できるようにすることで、故障したことにすぐに気付くことが可能です。こうすることで設備が故障した場合のダウンタイムを最小限にすることができ、後工程への悪影響を防止できます。


このように工場での業務を「見える化」することは、問題点を見つけて改善することにつながります。

■関連記事:備品管理を「見える化」することでできる効率・業務改善|「見える化」備品管理の手順も紹介

まとめ

この記事では、工場での業務を「見える化」するメリットや手順、事例をご紹介しました。工場での業務を「見える化」することで、ミスを予防したり、作業員の効率を上げたり、仕事のパフォーマンスを向上させたりすることが可能です。


工場での業務を「見える化」したいと考えている方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、工場での業務の「見える化」に取り組んでみてください。

Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。