お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

ビーコンが位置情報を特定できる技術について解説|GPSとの違いや活用事例も紹介

位置情報を特定できるビーコンは、「ポケモンGO」のようなゲームや施設内の案内など、様々な場面で活用されています。

このページではビーコンについて、位置情報を特定できる仕組みや、GPSとの違い、活用事例などをご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.ビーコンとは?
  2. 2.ビーコンが位置情報を特定できる仕組み
  3. 3.ビーコンとGPSの違い
    1. 3.1.発信源が違う
  4. 4.それぞれのメリット
  5. 5.ビーコンの活用事例
    1. 5.1.八景島シーパラダイス
    2. 5.2.ZARA ROPPONGI POP-UP SHOP
    3. 5.3.高知県立図書館
  6. 6.まとめ

ビーコンとは?

ビーコンとは「低消費電力の近距離無線技術」=「Bluetooth Low Energy(BLE)」という新しい位置特定技術や、それを利用したデバイスのことです。

主に実店舗などのオフラインの場で活用されています。たとえば「ポケモンGO」のようなゲームや、ショッピングモールなどの施設内のマップ、商品情報の配信などに利用されています。

ビーコンが位置情報を特定できる仕組み

ビーコンはユーザーが持っているスマートフォンのBluetoothと通信することで、ユーザーの位置情報を特定できます。位置情報を特定することでユーザーへ向けて情報を発信することも可能です。

ビーコンが利用されている有名な例には「ポケモンGO」があります。イオンモールのショッピングセンターの施設マップやお買い得情報の配信にもビーコンが利用されています。

ビーコンとGPSの違い

ビーコンと似ているものにGPSがありますが、これら2つには違いがあります。ビーコンとGPSの違いは発信源です。

発信源が違う

ビーコンでは、装置から発信される信号が利用されています。信号が発信される距離は半径数十メートルの範囲です。先ほどご紹介したように「ポケモンGO」などに利用されています。

GPSでは、人工衛星から発信される電波が利用されています。そのため電波が発信される距離は高度3万km以上にもなります。GPSはGoogle マップなどに利用されています。

それぞれのメリット

ビーコンは建物の中や地下で電波を受信しやすいことがメリットです。GPSは建物の中や地下だと電波が遮断されてしまうため受信できません。これに対してビーコンは建物の中などに設置した機器が発信源になるため、建物の中や地下であっても遮断されることなく電波を受信できるのです。そのため「ポケモンGO」で建物内でもゲームができます。

GPSは広範囲で電波を受信できることがメリットです。ビーコンは限られた距離までしか電波を受信できません。これに対してGPSは人工衛星が発信源になるため、広範囲であっても電波を受信できます。そのため「Googleマップ」では北海道と沖縄など離れた場所であっても現在地からの行き方などを調べることが可能です。

関連記事:GPSタグの欠点|BluetoothタグやBeaconとの違いとは?

ビーコンの活用事例

ビーコンの活用事例をご紹介します。活用事例を見ながら、ビーコンを利用するのに適しているシーンを確認してみてください。

八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイスでは、試験的に館内の案内にビーコンを活用したアプリ「ビーコネクト(beaconnect)」を導入しました。

来場者は前もってこのアプリをスマートフォンへインストールして来場します。そうすると、島内には「アクアミュージアム」「うみファーム」「ドルフィンファンタジー」「ふれあいラグーン」と4つの水族館がありますが、来場者が今いる場所に合わせて水族館内の生きものの豆知識やイベント情報が自動で配信されるというものです。

ZARA ROPPONGI POP-UP SHOP

「ZARA ROPPONGI POP-UP SHOP」は六本木ヒルズ内に期間限定でオープンしていた店で、ビーコンが活用されていました。

この「ZARA ROPPONGI POP-UP SHOP」は、ビーコンとQRコードが導入されたシステムです。商品についているタグのQRコードをスキャンすると、希望のサイズが試着室に用意されます。その後はオンラインで購入することができます。

高知県立図書館

高知県立図書館では、試験的にビーコンを活用した本の貸し出しを行っていました。ビーコンによって、探している本がどこにあるのか大体の位置が把握できるというものです。

まとめ

ここまでビーコンについて、位置情報を特定できる仕組みや、GPSとの違い、活用事例などをご紹介しました。

ビーコンはユーザーが持っているスマートフォンのBluetoothと通信することで、ユーザーの位置情報を特定でき、ユーザーへ向けて情報を発信することもできます。

ビーコンとGPSは似ていますが、発信源が違います。ビーコンは建物の中や地下で電波を受信しやすいことがメリットですが、GPSは広範囲で電波を受信できることがメリットです。

位置情報を特定できるビーコンは、「ポケモンGO」のようなゲームや施設内の案内などで活用されています。ビーコンの強みを理解して、効果的に活用することが大切です。ビーコンを活用する際は、ぜひこのページでご紹介した内容を参考にしてみてください。

Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。