お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

在庫管理を見える化する方法とそのメリットとは?

在庫管理の見える化とは、在庫管理の状況を誰でもわかるようにすることです。在庫管理を見える化することで、「在庫の過不足を防止できる」「業務の効率が向上する」など、多くのメリットを得ることができます。この記事では、在庫管理を見える化する方法や、メリットについてご説明します。在庫管理の見える化について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次[非表示]

  1. 1.在庫管理の見える化とは?
  2. 2.在庫管理を見える化するメリット
    1. 2.1.過剰在庫を防止できる
    2. 2.2.在庫切れを抑制できる
    3. 2.3.在庫管理の効率が向上する
    4. 2.4.保管スペースを有効活用できる
    5. 2.5.発注業務の効率が向上する
  3. 3.在庫管理を見える化する方法
    1. 3.1.適正な在庫数を明確にする
    2. 3.2.在庫数や格納場所の情報を見える化する
    3. 3.3.倉庫内を整理整頓する
    4. 3.4.定期的に棚卸しをする
    5. 3.5.過不足を知らせる仕組みを作る
  4. 4.まとめ


在庫管理の見える化とは?

在庫管理の見える化とは、在庫管理の状況を、誰でもわかるようにすることです。初めてその現場に立つ人でもわかるようにします。

■関連記事:エクセルで在庫管理はもう古い?エクセルで在庫管理のポイントと限界点

在庫管理を見える化するメリット

過剰在庫を防止できる

在庫を見える化することで過剰在庫を防止できます。在庫の状況が一目で把握できるようになるため、在庫が十分にあるのに商品を追加発注してしまうミスがなくなります。不必要な在庫が気づかない間に溜まっていってしまうことがないため安心です。

在庫切れを抑制できる

在庫を見える化することで在庫切れを抑制できます。商品の在庫が少なくなっているのが一目でわかるようになるため、在庫がなくなりそうな際にすぐに追加発注できます。そのため在庫切れになるのを抑制できます。「出荷する際に商品が足りなくなった」というようなトラブルも減ります。

在庫管理の効率が向上する

在庫を見える化することで在庫管理の効率が向上します。倉庫で「どこに」「何が」「いくつ」あるのかがすぐにわかるようになります。


商品を探して倉庫内を歩き回ることもなくなります。商品の在庫の数もすぐに確認できることも倉庫での作業の効率化につながります。

保管スペースを有効活用できる

在庫の見える化を行うことで保管スペースを有効活用できます。過剰在庫を防止でき、不要な在庫の確認も簡単にできるようになるため、在庫の整理も効率的に行えます。

過剰在庫を防止して不要な在庫を整理することで、空いているスペースを広げることができ、倉庫の保管スペースを有効活用できます。

発注業務の効率が向上する

在庫の見える化を行うことで発注業務の効率が向上します。商品の発注業務を行う際も、在庫が一目で確認できます。そのため倉庫に行って在庫数を確認する必要がありません。結果的に効率的に発注業務を行うことができます。

在庫管理を見える化する方法

在庫管理を効果的に見える化する方法をご紹介します。

適正な在庫数を明確にする

適正な在庫数を明にしておきましょう。適正な在庫数を把握できて初めて、今在庫が過剰にあるのか、それとも在庫が不足しているのか判断できます。まずはこれまでの販売実績などから、おおよその必要となる在庫数を把握しましょう。さらに各月や季節ごとの需要変動も確認できれば、より正確な適正在庫数を把握できます。

在庫数や格納場所の情報を見える化する

在庫数や格納場所の情報を見える化しましょう。在庫が「今」「どこに」「何個格納されているのか」を見える化します。入出庫の記録をつけて、常に在庫をトレースできるようにするのがおすすめです。WMSと呼ばれる倉庫在庫や倉庫業務のマネジメントシステムを使って管理する場合が多いです。

倉庫内を整理整頓する

倉庫内を整理整頓しましょう。散らかっているのを一度整理整頓しても、そのままにしておいたら時間の経過とともに以前と同じ状態になってしまいます。常に整理整頓された状態を保つために、製品、材料、仕掛品などの保管場所やルールを決めておくことが大切です。

定期的に棚卸しをする

定期的に棚卸しをしましょう。在庫が「どこに」「どのくらいあるのか」といったことをシステムや台帳などで管理していても、システムや台帳の情報と実際の在庫数が食い違ってしまうことがあります。定期的に棚卸しを行って、情報と実際の在庫が一致しているか確認しましょう。

過不足を知らせる仕組みを作る

材料や製品の過不足を知らせる仕組みを作りましょう。突然在庫が不足すると納品に支障をきたしてしまいます。必要な在庫数が確保できていなかったり、逆に在庫が多すぎたりする場合は在庫数を調整する必要があります。在庫を調整するために、材料や製品が「不足している」「過剰にある」といったことを知らせる仕組みを作りましょう。


たとえば、今までの傾向から数カ月先の需要を予測して、材料の過不足を明らかにするといった需要予測が必要です。このような機能は、生産管理システムで利用できます。

まとめ

この記事では、在庫管理を見える化する方法や、メリットについてご説明しました。在庫管理の見える化とは在庫管理の状況を誰でもわかるようにすることです。在庫管理を見える化することで、在庫の過不足を防止でき、業務の効率も向上します。在庫管理を見える化したい方は、ぜひこの記事を参考に取り組んでみてください。

■関連記事:備品管理を「見える化」することでできる効率・業務改善|「見える化」備品管理の手順も紹介

Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。