お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

テレワークでのマネージメント|課題やコツを紹介

働き方改革やコロナの影響で、多くの企業でテレワークが行われるようになりました。通常の出勤する場合と異なるテレワークでは「コミュニケーションしにくい」「業務の進捗が把握しにくい」などマネジメント上で課題が多くあります。


今回はテレワークでのマネジメントの課題や、課題を解決してマネジメントを成功させる方法をご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.テレワークでのマネジメントの課題
    1. 1.1.コミュニケーション
    2. 1.2.人事評価
    3. 1.3.労働時間の管理
  2. 2.テレワークでのマネジメントを成功させる方法
    1. 2.1.こまめにコミュニケーションをとる
    2. 2.2.成果も過程も評価する
  3. 3.目標やタスクを「見える化」
    1. 3.1.スケジュール
    2. 3.2.タスク
    3. 3.3.テレワークツールを導入する
  4. 4.まとめ


テレワークでのマネジメントの課題

テレワークで発生するマネジメントの課題にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

コミュニケーション

テレワークではチームのメンバーが離れた場所で作業をすることになります。そのため情報共有がリアルタイムで行えません。そのため、進捗の確認をしたり指示を出したりすることが困難です


出社時と異なりテレワークではコミュニケーションが十分にとれないため、メンバーの感情が読み取りにくくなります。対面でのコミュニケーションのように細かいニュアンスを伝達することも難しいです。


とくに育児や介護などのためにテレワークをしているメンバーは、それぞれ勤務時間が異なる場合が多く、コミュニケーションをとる時間も限られます。

人事評価


出社時は、仕事の成果や結果だけでなく、仕事をこなす中でどのくらい貢献したかについても評価されます。たとえば自身の業務のみをこなすのではなく、周囲へ配慮して部内外での調整に貢献するなど、チーム全体へのサポートも評価されます。


これに対してテレワーク時は、社員が仕事をこなしている様子を把握しにくくなります。そのため成果や結果が注目されます。


このように出社時とテレワーク時では評価の仕方が変わりやすいのです。それなのに評価制度が変更されないと、社員を正しく評価することができません。


正当な評価を受けられていないと感じた社員は、モチベーションが下がり、生産性が著しく低下する恐れがあるため、適正な人事評価・考課査定はマネジメント課題の1つといえます。

労働時間の管理

テレワーク時は自分のタイミングで業務を終えられるため超過残業が減ると考えられていましたが、実際はテレワーク時に「仕事の終わり時がわからず、長時間労働となってしまった」という社員が約6割であることが調査でわかっています。


他のメンバーとの情報共有がしにくいなどの理由から、出社時に比べて作業に時間がかかってしまう場合も考えられます。

■関連記事:テレワーク時の問題点とは?テレワークの課題と対策をご紹介

テレワークでのマネジメントを成功させる方法

テレワークでのマネジメントの課題を解決して、マネジメントを成功させる方法を紹介していきます。

こまめにコミュニケーションをとる

データのやりとりだけではなく、報告や相談、確認などを日頃から行い、コミュニケーションの質と量を高めることが大切です。


コミュニケーション不足が原因で業務にミスが発生することもあります。マネジメント層が日頃から積極的にコミュニケーションをとり、業務の進捗を十分に管理しましょう。

成果も過程も評価する

成果や結果だけではなく、仕事をこなす過程に対しても評価することが大切です。


テレワーク時は社員が仕事をこなす過程を把握しにくいため、成果や結果のみを評価してしまいがちです。


しかし成果や結果だけではなく、他のメンバーのサポートなど仕事をこなす過程に対しても評価する必要があります。


仕事をこなす過程に対して十分に評価することは、メンバーのモチベーションアップにつながるからです。メンバーのモチベーションアップは、生産性を上げることにつながります。


個人の目標やタスクを「見える化」して、進捗や達成度などが明確になれば、貢献度に応じて正しく評価できます。

目標やタスクを「見える化」

テレワーク時は、個人の目標やタスクが不明確になりやすいため、個人の目標やタスクを「見える化」することで明確化しましょう。「見える化」すべきものは次の2つです。

スケジュール

テレワークではチームメンバーのスケジュールが把握しにくくなるため、「何時から何時まで」「何をしているのか」スケジュールを「見える化」して共有しましょう。


こうすることでメンバー同士の連携がスムーズになります。会議の時間を調整したり業務の指示を出すタイミングを見つけるのに効果的です。

タスク

テレワークではメンバーが抱えている仕事の状況を把握しにくいため、個人が抱えているタスクについて「どんな仕事を抱えているのか」「納期はいつか」などタスクを「見える化」します。


タスクの優先度と社員が抱えている仕事量を把握することで、状況に応じてメンバー間で仕事を調整することが可能です。

テレワークツールを導入する

テレワークツールを導入することで、テレワークでの仕事がよりスムーズに行えるようになります。情報共有や進捗管理を適切に行う上で効果的です。テレワークツールには次のようなものがあります。


  • チャットツール
  • Web会議システム
  • スケジュール管理ツール


「チャットツール」は離れた場所にいながらコミュニケーションをとるのに欠かせません。

「Web会議システム」ではお互いに顔を見ながらコミュニケーションをとることができます。「スケジュール管理ツール」はタスクを管理するのに便利です。

■関連記事:テレワーク時に気をつけるべきセキュリティ対策とは?テレワーク導入企業必見

まとめ

ここまでテレワークでのマネジメントの課題や、課題を解決してマネジメントを成功させる方法についてご紹介しました。


働き方改革やコロナの影響で、多くの企業でテレワークが行われるようになりましたが、通常の出勤する場合と異なるテレワークには課題が多くあります。


コミュニケーションのとり方や評価の仕方、業務の進捗の「見える化」を見直すことで課題を解決してテレワークでのマネジメントを成功させることができます。


テレワークを実施する際は、ぜひ今回ご紹介した内容をマネジメントに役立てていただければと思います。


Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。