お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

在庫管理と倉庫管理の違いは?管理が便利になる管理システムについても紹介

「倉庫管理」と「在庫管理」は混同しやすいですが、実際にはそれぞれ異なる意味です。しかし業務では、在庫管理と倉庫管理の機能が重なっている部分もあります。


目次[非表示]

  1. 1.在庫管理とは
  2. 2.倉庫管理とは
  3. 3.管理システムの導入がおすすめ
  4. 4.在庫管理システムとは
  5. 5.倉庫管理システムとは
  6. 6.まとめ

この記事では在庫管理と倉庫管理の概要や違いについてご説明します。在庫管理と倉庫管理をスムーズに行うためのシステムの利用についてもご説明します。在庫管理や倉庫管理について知りたい方はぜひご覧ください。

在庫管理とは

在庫管理とは在庫を管理することです。資材や商品などの在庫について入庫・出庫する数量などの管理をします。倉庫管理と異なり、自社の倉庫以外の在庫も管理します。

倉庫管理とは

倉庫管理とは倉庫業務全般を管理することです。倉庫管理には倉庫の在庫管理も含まれています。しかし在庫と異なり、その他に倉庫の設備の配置や、倉庫の人員の配置なども含まれています。

管理システムの導入がおすすめ

在庫管理や倉庫管理は、管理システムを利用して行うのがおすすめです。管理システムを利用することで、管理業務を正確に効率よく行えるようになります。


紙に記入したり、エクセルに入力したりして行う管理では、ヒューマンエラーが発生しやすくなり、効率もよくありません。企業の規模が大きくなると、紙やエクセルでの管理では手に負えなくなってしまいます。


管理システムを利用することで、システム上で管理ができるようになります。これによって人間が行う手作業を最小限にすることができ、ヒューマンエラーが発生するのを最小限にすることができます。


管理システムを導入する際はコストがかかりますが、管理業務を効率化することができるため、これによって将来的に人件費などのコストを削減することも可能です。

■関連記事:

資材や貸出品の出荷管理の方法とポイントを簡単に解説|効率的な出荷管理方法

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは在庫を管理するシステムです。在庫の数量を可視化して、仕入先、出庫先、顧客情報まで、さまざまなデータを管理することができます。業務を効率化することができ、これに加えて企業により多くの利益をもたらすことにもつながります。


在庫管理システムは倉庫以外のシステムと連携していることが多いため、倉庫管理システムよりも広い範囲の情報を取り扱います。


在庫管理システムの基本的な機能


品目管理

自社で取り扱っている在庫を管理します。通販サイトなどがある場合は、通販サイト内で取り扱うものの品目管理を行い、在庫の状況をそのまま通販サイトに反映することが可能です。


ユーザー管理

在庫管理を行う担当者の情報を登録して管理することができます。担当者の役職に合わせてそれぞれの担当者に権限を持たせることも可能です。


仕入先管理

在庫の仕入先に関する情報の管理を行います。業者の情報登録のデータを管理することができ、取引しているデータについても管理することができます。


顧客管理

出庫先の顧客の情報を管理することができます。直接販売を行っている場合は、購入者の氏名、住所、連絡先を管理することが可能です。


在庫明細

現在の在庫について明細やレポートを発行することができます。現時点での在庫数や入庫・出庫数、不足在庫について確認することが可能です。


入出庫伝票

入庫・出庫に必要になる伝票などを発行することができます。この伝票を登録して情報を管理することも可能です。


棚卸伝票

一定期間の登録している数値と実際の数値を比較してチェックすることができます。この棚卸のデータを登録して分析することも可能です。

■関連記事:

在庫管理を見える化する方法とそのメリットとは?

倉庫管理システムとは

倉庫管理システムとは倉庫管理のためのシステムです。倉庫にある在庫の管理だけでなく、倉庫にある設備や人員についても管理することが可能です。


倉庫管理システムの基本機能


入庫管理機能

倉庫への入庫を管理します。数量の他、入庫した日付、状態、仕入先の情報なども管理します。


在庫管理機能

倉庫にある在庫について数量などを管理します。


出庫管理機能

倉庫への出庫を管理します。製造業で利用する場合は、生産スケジュールと連携して出庫する日付や、出荷先、数量を管理します。


棚卸し管理機能

一定期間内に倉庫内で管理したものについての情報をまとめて管理できます。情報を確認して正しい数値を把握します。


ラベル発行機能

入庫・出庫時に必要なラベルを発行します。情報を登録しておくことで自動で発行することができます。

まとめ

この記事では在庫管理と倉庫管理の違いや、在庫管理と倉庫管理をスムーズに行うためのシステムの利用についてご説明しました。


在庫管理と倉庫管理は混同しやすいですが、実際にはそれぞれ意味が異なります。在庫管理とは在庫を管理することで、倉庫管理とは倉庫業務全般を管理することです。


在庫管理も倉庫管理も、管理システムを利用することで正確に効率よく管理業務が行えるようになります。在庫管理や倉庫管理を行う際は、ぜひ状況に合わせて管理システムの利用もご検討ください。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。