お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

入出庫管理とは?入出庫管理する方法と知っておくべきポイント

在庫が倉庫に入ったり出て行ったりする際にその内容を記録する入出庫管理は、経営する上で重要な業務です。


目次[非表示]

  1. 1.入出庫管理とは
  2. 2.入出庫管理の方法4つ
    1. 2.1.紙の管理表
    2. 2.2.エクセル
    3. 2.3.バーコードとハンディターミナル
    4. 2.4.管理システム
  3. 3.入出庫管理のポイント2つ
    1. 3.1.管理方法が誰にでもわかるようにする
    2. 3.2.管理システムの導入を検討する
  4. 4.まとめ

この記事では入出庫管理を行う方法やうまく管理するためのポイントをご紹介します。

入出庫管理とは

入出庫管理とは、倉庫の在庫を入出庫する時に在庫の動きを記録して管理することです。具体的には入出庫した日付や商品名、数量などを記録して管理します。


入出庫管理を行うことで、倉庫内にどのくらい在庫があるのかを正確に把握できます。在庫は会社が所有している資産でもあるため在庫を把握することで正確な資産を算出することが可能です。


経営していく上で、入出庫管理は重要です。入出庫管理をすることは欠品や過剰在庫を防ぐことにもつながります。

■関連記事:

在庫管理を見える化する方法とそのメリットとは?

入出庫管理の方法4つ

入出庫管理の方法には、紙の管理表を使う方法から、エクセル、バーコード、管理システムを使う方法まで、様々な方法があります。それぞれの入出庫管理の方法についてご紹介します。

紙の管理表

紙の管理表で入出庫管理をする方法があります。紙の帳簿に入出庫の日付や商品名、数量などを手書きで書き込んで管理表として管理する方法です。昔から利用されてきた方法で、現在もデジタル化が進んでいない現場で利用されています。


印刷した管理表と筆記具だけで管理できるため、初期費用がほとんどかからりません。


しかし記入ミスや在庫の数え間違いなどのヒューマンエラーが発生しやすいです。原本が1枚のみであるため、内容を確認するため際は管理表がある場所まで行かなければならないため手間もかかります。

エクセル

管理表をエクセルで作成して管理する方法です。インターネット上にはテンプレートを無料で配布しているサイトもあるため、これを利用すればすぐに管理を始められます。


データとして管理できるため複数の従業員が管理表を共有できます。現場のタブレット端末で見ることも可能です。エクセルの機能を利用できるため、紙に記入する場合に比べると入力する手間が省けます。


しかし紙に記入する方法をエクセル上で打ち込む方法に変更してあるだけであるため、入力ミスによるヒューマンエラーが発生する可能性があります。\

■関連記事:

エクセルで在庫管理はもう古い?エクセルで在庫管理のポイントと限界点

バーコードとハンディターミナル

バーコードとハンディターミナルを利用する方法もあります。在庫を認識するためのバーコードを取り付けて、このバーコードをハンディターミナルで読み取ることで在庫確認や棚卸が行えます。集められた在庫のデータは、エクセルの管理表へ自動で入力されます。


読み取った在庫データがエクセルの管理表へ自動ですぐに反映されるため、手入力によるヒューマンエラーを防止でき、手間も省けます。


しかし同じバーコードを2度読み取ってしまうというようなヒューマンエラーは防止できません。

管理システム

管理システムは在庫を管理することに特化したシステムです。バーコードの読み取りも併用しながら入出庫管理をして、在庫データを一元管理できます。


エクセルの管理表とバーコードの読み取りデータを紐づけるのではなく、システムを使って入出庫管理をします。これによって、ヒューマンエラーを防止してより正確に在庫のデータを管理できます。


しかし管理システムを導入する方法は、他の方法に比べてコストがかかります。

入出庫管理のポイント2つ

入出庫管理をするにあたって、知っておくべきポイントがあります。入出庫管理のポイントを2つ紹介します。

管理方法が誰にでもわかるようにする

誰でも入出庫管理をできるように、管理方法を明確にしておくことが大切です。


紙やエクセルで管理表を用いて入出庫管理をする場合は、どこに何を記入・入力すれば良いのかを明確に示しておく必要があります。ひと目で記入・入力する項目と箇所がわかるようにシンプルな表を作成しておくと効果的です。


管理システムを導入する場合は、使い方のマニュアルを作成しておくことをおすすめします。

管理システムの導入を検討する

入出庫管理をスムーズに行うためには、管理システムを導入するのがおすすめです。入出庫管理を

正確に効率よく的に行えるようになります。


紙やエクセルなどによる入出庫管理ではヒューマンエラーが発生しやすくなります。


管理システムを導入すると、システム上で入出庫管理ができるようになるため、手作業を最小限に抑えることができ、ヒューマンエラーの発生を防止できます。


導入する際にはコストがかかりますが、業務を効率化することによって人件費などのコストを削減することにつながります。

まとめ

ここまで入出庫管理を行う方法やうまく管理するためのポイントについて紹介しました。


倉庫での入出庫管理は経営する上で重要です。入庫管理の方法には様々なものがありますが、正確で効率のよい入出庫管理をするためには管理システムの導入がおすすめです。管理システムの導入にはコストがかかることを踏まえた上で、導入を検討してみてください。


ぜひこの記事を参考にして、適した入出庫管理をしていただければと思います。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。