お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

在庫の見える化とは?在庫を見える化する効果5つ

在庫を見える化することで、在庫切れや過剰在庫を防止して適切な数量にしておくことができます。管理の効率が向上し、在庫の発注業務の効率も向上します。


目次[非表示]

  1. 1.在庫の見える化とは?
  2. 2.在庫の見える化で得られる効果5つ
    1. 2.1.在庫切れになるのを防止できる
    2. 2.2.過剰在庫にならずに済む
    3. 2.3.空きスペースが生まれる
    4. 2.4.管理の効率が向上する
    5. 2.5.発注業務の効率が向上する
  3. 3.在庫を見える化するポイント2つ
    1. 3.1.在庫管理システムの導入
    2. 3.2.ルールを定めて徹底する
  4. 4.まとめ

この記事では、在庫を見える化することの効果や、在庫を見える化して管理を行うためのポイントについてご紹介します。


在庫を見える化して在庫の管理を便利にしたいという方は、ぜひこの記事をご覧ください。

在庫の見える化とは?

見える化とは、活動の実態が目にひと目でわかるような仕組みにすることです。在庫の見える化では、実際の在庫と在庫の情報を見える化する必要があります。


在庫が保管してある場所や在庫の数量をひと目でわかるようにして管理します。

在庫の見える化で得られる効果5つ

在庫を見える化することは、様々な面で在庫管理に役立ちます。在庫を見える化することで様々な効果を得ることができます。在庫を見える化することで得られる効果を5つご紹介します。

在庫切れになるのを防止できる

在庫を見える化することで、在庫切れになるのを防止できます。在庫が少なくなっていることがひと目でわかります。


そのため足りなくなりそうになっていることにすぐに気づけます。在庫がなくなり切れになる前に注文でき、在庫切れを防止できます。

過剰在庫にならずに済む

在庫を見える化することで、必要以上に在庫を抱えて過剰在庫になることがなくなります。


在庫の数量がひと目でわかるようになります。そのため在庫が十分あるのにさらに発注して在庫が増えてしまうことがありません。


気づかないうちに在庫が大量に溜まってしまっていたということになる心配も不要です。

空きスペースが生まれる

在庫を見える化することで、在庫が増えすぎないようにして、必要最低限の数量にしておくことができます。


これによって空きスペースが生まれます。このようにして生まれた空きスペースを他の在庫の収納などに活用することが可能です。

管理の効率が向上する

在庫を見える化することで、在庫の管理作業が効率よく行えるようになります。


在庫を見える化することで、在庫が保管してある場所や、保管してある在庫の数量がすぐにわかるようになります。在庫を探す時に倉庫を歩き回ることなくすぐに見つけられます。

発注業務の効率が向上する

在庫を見える化することで、在庫を発注するときに在庫の状態がひと目で確認できるようになります。


システムを使って在庫を見える化すれば、倉庫に行くことなくシステム上でそれぞれの在庫の数量をすぐに確認することが可能です。こうして在庫の発注業務が効率よく行えるようになります。

■関連記事:

はじめての備品管理 − 社内の備品を上手に管理するコツとツールを紹介

在庫を見える化するポイント2つ

在庫管理を見える化するために知っておくべきポイントがあります。在庫を見える化して在庫の管理を便利にするのに役立つポイントを2つご紹介します。在庫を見える化して管理する際は、ここでご紹介するポイントを参考にしてみてください。

在庫管理システムの導入

在庫を見える化するためには、在庫管理システムを導入して行うのがおすすめです。在庫管理システムを利用することは、在庫を見える化して、スムーズに在庫を管理することに役立ちます。


紙に記入したりエクセルに入力したりして人の手だけで管理しようとすると、ミスが発生しやすくなり、効率もあまりよくありません。企業の規模が大きくなると、人の手だけでの管理では手に負えなくなります。


在庫管理システムを導入することで、在庫の情報をシステム上で管理できるようになります。これによって人の手で行う作業を最小限にして、多くの作業をシステムを利用して行うことができます。ミスが発生するのを減らすことができ、効率も向上します。


在庫管理システムを導入する場合は、手作業で管理する場合に比べて費用がかかります。しかし管理業務を効率よく行えるようになるため利益につながり、人件費などの費用も削減することも可能です。

■関連記事:

物品管理とは?|会社・工場での物品管理のコツや改善方法、役に立つアプリなどをご紹介

ルールを定めて徹底する

管理作業をシステムで完全に自動化することは難しいことがあります。そのため人による作業についても対策が必要です。


在庫の置き場所の管理などをルールとして定めて徹底することが大切です。従業員がルールを守って作業することで、継続的に在庫を見える化して管理していくことができます。


従業員が適切に管理業務をできる状態にしておくことで、急な変更があった際に柔軟に対応したり、問題点や改善点に気づくことができたりします。

まとめ

この記事では、在庫を見える化することで得られる効果や、在庫を見える化して便利に管理するためポイントについてご紹介しました。


在庫を見える化することで、適切な数量をキープすることができます。これによって在庫切れや過剰在庫を防止することが可能です。効率よく在庫の管理を行えるようになり、在庫の発注業務の効率も向上します。


在庫を見える化して在庫管理を便利に行うために、今回この記事でご紹介した内容を参考にしていただければと思います。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。