お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

倉庫の管理が便利になる「見える化」とは?メリットや実施方法を紹介

倉庫内を「見える化」することで、在庫切れを防止できたり、倉庫での管理を効率化できたりと、様々なメリットが得られます。

目次[非表示]

  1. 1.倉庫を見える化するメリット6つ
    1. 1.1.在庫切れを防止できる
    2. 1.2.過剰在庫を防止できる
    3. 1.3.倉庫での管理を効率化できる
    4. 1.4.倉庫のスペースを有効活用できる
    5. 1.5.発注業務を効率化できる
  2. 2.倉庫を見える化する方法
    1. 2.1.在庫数や在庫のある場所を見える化する
    2. 2.2.倉庫内を整理する
    3. 2.3.棚卸しを行う
    4. 2.4.管理システムの導入
  3. 3.まとめ


この記事では倉庫内の見える化について、得られるメリットや、見える化する方法をご紹介します。

倉庫を見える化するメリット6つ

倉庫を見える化することにより、どこで何が起きているのかが明確に把握できるようになります。倉庫を見える化することで得られるメリットを6つご紹介します。

在庫切れを防止できる

倉庫を見える化することは、在庫切れの防止に役立ちます。在庫が少なくなっていることが一目でわかるようになるため、在庫切れになる前に気付いて注文できます。こうして在庫切れを未然に防止することが可能です。


「必要なときになって在庫が足りなくなった」というトラブルが起こることがなくなります。

過剰在庫を防止できる

倉庫を見える化することで、必要以上に在庫を抱えてしまうのを防止できます。


在庫の状況が一目で把握できるようになります。これによって、在庫が十分にあるのに追加発注して在庫を増やしてしまうミスを防止できるのです。


不必要な在庫が気づかないうちに溜まっていってしまうということがなくなります。

■関連記事:

エクセルで在庫管理はもう古い?エクセルで在庫管理のポイントと限界点

倉庫での管理を効率化できる

倉庫での管理作業を効率よく行えるようになることも、倉庫を見える化することのメリットです。


倉庫を見える化することで、倉庫の「どこに」「何が」「いくつ」あるのかがすぐに把握できるようになります。在庫を探して倉庫を歩き回る必要がありません。


このようにして倉庫内での作業が効率化できます。

倉庫のスペースを有効活用できる

倉庫を見える化することで、過剰在庫を防止でき、必要最低限の在庫にしておくことができます。これによって空きスペースが広がります。こうして倉庫内にできた空きスペースを他のことに有効活用できるようになります。

発注業務を効率化できる

在庫の発注業務を行うときに在庫が一目で確認できます。そのため倉庫に行って在庫の数を確認する必要がありません。在庫の発注業務を効率よく行うことができます。


管理システムの中には在庫の消費される頻度が確認できる機能がついている管理システムもあります。このような管理システムを利用すれば、どれだけ在庫が消費されているのかが簡単に確認できるようになり、在庫の発注業務にさらに役立ちます。

倉庫を見える化する方法

倉庫を見える化する方法をご紹介します。

在庫数や在庫のある場所を見える化する

在庫数や在庫のある場所を見える化します。入出庫の記録をつけて、在庫が「今」「どこに」「いくつ」あるのかを見える化しましょう。

倉庫内を整理する

倉庫内の在庫の状態がすぐにわかるよう、倉庫内を整理しましょう。それぞれの在庫について、種類ごとに保管場所などを決めて整理整頓するのがおすすめです。


倉庫を整理する際に、「5S」という活動が役立ちます。5Sは、倉庫の整理・整頓・清掃・指導を徹底するという活動です。


一度整理しても、時間の経過とともに以前と同じ状態になってしまいます。在庫の種類ごとに保管場所などを決めて整理することで、常に整理された状態を保つことが可能です。

棚卸しを行う

定期的に棚卸しを行いましょう。在庫が「どこに」「どのくらい」あるのかといった情報をシステムなどで管理していても、システムの情報と実際の在庫の状態が違ってしまうことがあります。


定期的に棚卸しを行うことで、システムの情報と実際の在庫の状態が一致しているか確認して、それぞれが常に同じ状態になるようにしておきましょう。

■関連記事:

棚卸しのやり方は?棚卸し初心者向け|目的と具体的方法をご紹介!

管理システムの導入

倉庫の見える化には管理システムの導入が効果的です。管理システムの機能は製品によって異なります。


管理システムを導入するのには費用がかかりますが、管理システムを利用することで倉庫の見える化をすすめることができます。

まとめ

ここまで倉庫内の見える化について、得られるメリットや、見える化する方法をご紹介しました。


倉庫内を「見える化」することで、倉庫での作業が便利になります。在庫切れを防止できたり、倉庫での管理を効率化できたりと、様々なメリットが得られます。


倉庫での作業を改善したいという場合は、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考にして倉庫の「見える化」に取り組んでみてください。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。