お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

テレワーク時の問題点とは?テレワークの課題と対策をご紹介

テレワークは在宅ワークなど柔軟な働き方ができることで、現在注目されています。

少子・高齢化対策、経済再生、雇用創出、地域振興、防災・環境対策など様々な面で効果があるとされています。


しかしテレワークを導入するにはいくつかの問題があります。

この記事ではテレワークの問題とその対策について、他社事例と一緒にご紹介していくので、ぜひテレワーク導入の参考にしてください。


テレワークについて

テレワークは個々人のライフスタイルに合わせて柔軟に仕事ができる働き方です。


テレワークには主に3つのタイプがあり、「在宅勤務」「モバイル」「サテライトオフィス」に分かれています。

在宅勤務は自宅で仕事をするタイプ、モバイルはノートパソコンなどを使って外出先で仕事をするタイプ、サテライトオフィスは通勤しているオフィスとは別のワークスペースで仕事をするタイプです。


このように様々な場所で仕事ができるので、柔軟な働き方ができ、通勤にかかる時間やお金も節約できます。


会社側では業務が効率化されるというメリットがあり、社員側ではより柔軟な働き方ができるというメリットがあり、双方でメリットの多い働き方です。


テレワークの問題点と解決策

テレワークは便利ですが、セキュリティやコミュニケーションの面で問題があります。

問題のないテレワーク環境を実現するためにはどうすれば良いのか、テレワークの問題とその対策について、他社事例と一緒にご紹介します。


A社のセキュリティ対策例

問題

現代ではインターネットで提供されるサービスが多く利用されていますが、インターネットにおいてサイバーセキュリティの脅威も高まっているので、セキュリティ対策が必要です。

しかし自宅などのテレワーク環境はセキュリティが整備されたオフィスと違ってセキュリティ対策が十分ではありません。


解決

A社では、会社のパソコンからインターネットへ出ていく通信をモニタリングしてコントロールすることで、不正なアクセスを制御しています。

オフィスの他テレワーク環境においても、VPN接続を徹底して常に対策がされた安全なネットワークを経由してアクセスできるようになっています。


B社のセキュリティ対策例

問題

VPN 接続で接続を工夫してセキュリティ面へ配慮しても、セキュリティ面を強化することで社員が接続に要する手間や時間増えてしまいます。

こうなると社員が面倒に思ってVPN 接続を利用しなくなってしまうことがあります。


解決

B社は仮想閉域網を採用することで、テレワーク環境のセキュリティ強化とともに利便性も考慮した対策をしました。


会社指定のWeb会議サービスを整備して、アクセスを直接インターネットへ通信する方法に変更して、最寄りのアクセスポイントからインターネットを利用できるようにして、利便性を高めました。


こうしてセキュリティレベルを維持しつつ、ネットワーク接続にかかる時間を最小化しています。




C社のセキュリティ対策例

問題

テレワークはマルウェアなどに感染した時に対処しにくいという問題があります。

オフィス内には社内ヘルプデスクがあるので、マルウェアに感染した場合は感染した社員の元にヘルプデスク要員が行って対応することができます。


これに対して社外にパソコンがあるテレワーク環境ではこのような対応がしにくいのです。

会社のヘルプデスク要員が遠隔操作で感染したパソコンに接続することもできますが、社員の自宅のネットワークに繋がっていて会社のネットワークに繋がっていない場合は対応できません。


解決

テレワークの環境下で社員の自宅のネットワークに繋がっているパソコンがマルウェアに感染した場合も、セキュリティソフトを導入しておくことで対応できます。


C社は社員のパソコンに EDR (Endpoint Detection and Response) という製品を導入しました。

EDR を導入したことで、テレワーク環境でもマルウェア感染に対して迅速に対処することが可能になります。

EDR の管理画面では遠隔操作で、感染したパソコンなどの端末をネットワーク接続不可な状態にできます。


そのため端末をネットワークに繋いだまま即座に感染した端末を隔離することができるのです。

感染した端末を隔離することで、社内外へ二次感染するなど被害が拡大するのをを防ぐことができます。


D社のセキュリティ対策例

問題

上記でご紹介したように、テレワークはマルウェアなどに感染した時に迅速に対処しにくいという問題があります。


解決

D社ではWebポータルに「緊急連絡」ボタンを配備しています。

緊急連絡ボタンを押すと情報セキュリティ委員会と担当役員へ即座に通知が送信されるようになっていて、すぐに緊急事態に気付けるようになっています。


テレワークで在宅勤務をしている環境でマルウエア感染などのセキュリティインシデントが発生した場合に、すぐに異常が起きたことを伝えることができます。


110番や119番のような仕組みをWebポータルに用意することで、テレワーク環境であってもすぐに対応できるようになっています。


E社のコミュニケーション改善例

 問題

テレワークにはオフィスにいる場合と比べてコミュニケーションが十分にとれないという問題もあります。


解決

E社はコミュニケーションツールとして Web 会議システムを導入して、在宅でもオフィスにいるのと変わらない環境で仕事ができるようにしました。

Web会議システムは着席中かそうでないかが画面に表示されるアイコンでわかるようになっています。

着席中はチャットを利用して社員たちといつでもコミュニケーションがとれるようになっています。


まとめ

この記事ではテレワークの問題とその対策について、他社事例と一緒にご紹介しました。


テレワークは在宅ワークなど柔軟な働き方ができることで現在注目されていますが、テレワークを導入するには問題もあります。

テレワークはオフィスで仕事をする場合に比べて、セキュリティやコミュニケーションの面で問題があります。


この記事でご紹介したような対策でセキュリティやコミュニケーションにある問題を解決することで問題のないテレワーク環境を整備できます。

ぜひご紹介した対策をテレワーク導入に活かしてみてください。


テレワークには「Mamorio Biz」

「MAMORIO Biz 」は紛失防止デバイス「MAMORIO」を利用した法人向けの備品の紛失を防止できるサービスです。


取り付けるタグ型と這って使えるシール型があり、パソコンやUSBの他、IDカード、鍵、など管理したい備品に取り付けて使えます。

専用のアプリをスマホでダウンロードして、簡単なセットアップを行うと使い始めることができます。


MAMORIOを利用している法人は1,500社以上あり、施工事業からシステム会社まで幅広い業界から安全性やデザイン性が高く評価されています。


経済産業省が主催するプログラム「J-Startup」の採択を始め、グッドデザイン賞、2018年度 日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年 日本テクノロジー Fast50 12位など、様々な賞を受賞しています。


MAMORIO Bizの製品をご紹介

MAMORIO Bizでは、それぞれの用途に合わせて「タグ型」と「シール型」の2種類のタイプがあります。


タグ型のMAMORIO S

備品に取り付けるタグ型のMAMORIO S は、様々な備品に付けて利用できます。


MAMORIO S


価格:3,000 円(税抜) / 個

サイズ:35.5mm x 19mm x 厚さ 2.8mm

重さ:2.4g

電池寿命:約1年間


シール型のMAMORIO FUDA

備品に貼って使えるシール型の MAMORIO FUDA は、タグ型のタイプが付けられないパソコンなどの機材に貼って利用できます。

MAMORIO FUDA


価格:3,000円(税抜) / 個

サイズ:24mm x 36.2mm x 厚さ 3.4mm

重さ:3.4g

電池寿命:約1年間


参考:その他製品詳細についてはこちら


MAMORIO Bizのメリット

MAMORIO Bizのメリットについてご紹介します。


小さくてコンパクト

MAMORIOは、世界最小クラスのコンパクトな紛失防止デバイスです。

小さくて薄いタグ型、貼って使えるシール型など、利用する備品やシーンに合わせてコンパクトで邪魔にならずに紛失防止対策が可能になります。


アプリの通知によって紛失を防止できる

MAMORIOを取り付けた備品が一定の範囲内から離れると、スマホに通知がきて知らせてくれます。


営業先など外出先で置き忘れてしまうことで紛失するのを未然に防ぐことができます。


法人に合ったサポートが充実

紛失してしまった場合にも、専門のサポートデスクが捜索を支援するので、紛失によって起こるトラブルを最小限におさえることができます。


他にも法人向けならではの便利なサポートが充実しています。


参考:その他サポート詳細についてこちら


まとめ

この記事では、備品管理のやり方について、備品管理をする目的やメリット、手順やそれぞれのやり方、上手に管理するコツについてご紹介しました。


備品管理とは、会社で使用している備品を管理することです。

備品管理をすることで業務の効率化や経費の削減をすることができます。


備品管理台帳を作って、備品を分類しラベリングすると管理がしやすくなります。

しっかり管理していくために、備品管理についてのルールや配置場所は社員全体に周知しましょう。


備品を交換やメンテナンス、補充して万全な状態にしておくために、定期的に棚卸しをして実際の備品の状態に差異がないか確認するようにしてください。


これから備品管理をするという人は、ぜひ今回ご紹介した内容を備品管理に活かしていただけたらと思います。

Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。