お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

在庫管理の「見える化」とは?メリットと方法をご紹介

在庫管理を見える化することで、在庫切れや過剰在庫を防止できるなど在庫管理の質が向上し、在庫管理の効率も向上します。この記事では、在庫管理を見える化するメリットや方法をご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.「見える化」とは?
  2. 2.在庫管理の見える化とは?
  3. 3.在庫管理を見える化するメリット3つ
    1. 3.1.在庫切れになるのを防止できる
    2. 3.2.過剰在庫を防止できる
    3. 3.3.在庫の管理業務の効率が向上する
  4. 4.在庫管理を見える化する方法
    1. 4.1.現物を見える化する
    2. 4.2.情報を見える化する
    3. 4.3.在庫を整理整頓する
    4. 4.4.棚卸しを行う
    5. 4.5.在庫の情報を共有する
    6. 4.6.適正な在庫数を明確にする
    7. 4.7.在庫の過不足に気付ける仕組みを作る
    8. 4.8.在庫管理システムを導入する
  5. 5.まとめ

「見える化」とは?

「見る」は、意識して見ることです。これに対して「見える」は意識しなくても目に飛び込んでくる状態のことです。このような状態にすることが「見える化」です。


たとえば農家の人は、作物を見れば収穫時かどうかわかりますが、これが「見る」です。

一般人が作物を見ても収穫時かどうかわかりません。


しかし作物の状態をセンサーで感知して、機械が収穫時かどうか判定するような仕組みにすれば、誰でも収穫時かどうかを判断できるようになります。これが「見える化」です。


誰でもわかるようにすることが大切であるため、初めてその現場に来た人もわかるようにします。

在庫管理の見える化とは?

在庫管理の見える化は、在庫管理業務に関することを見える化することです。在庫が保管してある場所や在庫の数量、在庫管理業務のやり方などをひと目でわかるようにします。

在庫管理を見える化するメリット3つ

在庫管理を見える化することで得られる効果を3つご紹介します。

在庫切れになるのを防止できる

在庫管理を見える化することで、在庫切れになるのを防止できます。在庫が少なくなっていることがひと目でわかります。


そのため足りなくなりそうになっていることにすぐに気づけます。在庫がなくなり切れになる前に注文でき、在庫切れを防止できます。

過剰在庫を防止できる

在庫管理を見える化することで、必要以上に在庫を抱えて過剰在庫になることがなくなります。


在庫の数量がひと目でわかるようになります。そのため在庫が十分あるのにさらに発注してしまうということが起きません。

在庫の管理業務の効率が向上する

在庫管理を見える化することで、在庫の管理業務が効率よく行えるようになります。在庫が保管してある場所やなどがすぐにわかるようになります。探している在庫をすぐに見つけられます。このようにして在庫の管理業務の効率が向上します。

在庫管理を見える化する方法

在庫管理を見える化する方法についてご説明します。

現物を見える化する

在庫数や保管してある場所など現物の情報を見える化しましょう。棚に番号をつけたりして、在庫の現物を見て「どこに」「いくつあるのか」がわかるようにします。

情報を見える化する

入出庫の記録をつけていくことで、在庫の状態を記録していくことができます。これによって、情報を見える化していきます。在庫管理において、入庫と出庫はとくに大切です。「在庫=入庫ー出庫」となるからです。毎回入出庫の記録をつけて、常に在庫の状態を把握できるようにしておきましょう。

在庫を整理整頓する

在庫管理を見える化する上で、整理整頓も必要です。在庫の状態を把握しやすくするために、倉庫内を常に整理整頓された状態にしておきましょう。


一度きれいに整理整頓しても時間の経過とともに散らかった状態になってしまうこともあります。常に整理整頓された状態を保つために、製品、材料、仕掛品など、在庫の種類ごとに保管場所を決めておくのがおすすめです。

棚卸しを行う

定期的に棚卸しを行いましょう。在庫が「どこに」「いくつあるのか」をシステムなどで管理していても、システムの情報と実際の在庫の数が食い違ってしまうことがあります。定期的に棚卸しを行い、情報と実際の在庫の状態が一致しているか確認し、違っていたら修正しましょう。

■関連記事:

棚卸しのやり方は?棚卸し初心者向け|目的と具体的方法をご紹介!

在庫の情報を共有する

在庫の情報を共有しましょう。在庫には、経営から調達、倉庫管理、営業まで全ての部門が関わります。そのため全ての部門で在庫の情報を共有する必要があります。


しかし在庫の情報は各部門で寸断されていることが多いのです。全ての部門で在庫の情報を共有できるようにしましょう。

適正な在庫数を明確にする

適正な在庫の数を明確にしておきましょう。適正な在庫の数を把握して初めて、在庫が多すぎるのか不足しているのかが判断できます。


まずはこれまでの販売実績などから、必要になる在庫数をおおまかに把握します。その後さらに月ごとや季節ごとの需要の変動も把握することで、適正な在庫数を正確に把握することが可能です。

在庫の過不足に気付ける仕組みを作る

在庫の過不足に気付けるような仕組みを作りましょう。材料や製品などの在庫が突然不足すると、業務に支障をきたしてしまいます。逆に在庫が多すぎると廃棄につながってしまいます。在庫が少なすぎたり多すぎたりする場合は在庫数を調整しなければなりません。


在庫の過不足に気付けるような仕組みを作ることで在庫の過不足を防止でき、このような問題を解決できます。在庫が一定の数量になったら通知されるようにするなど、在庫の過不足にすぐに気付けるようにしておきましょう。

在庫管理システムを導入する

在庫管理の見える化には、在庫管理システムが役立ちます。在庫数の入出庫の情報を記録したり、在庫の数を確認したりする在庫管理業務を効率化することが可能です。在庫管理システムの機能は製品によってそれぞれ異なります。

■関連記事:

エクセルで在庫管理はもう古い?エクセルで在庫管理のポイントと限界点

まとめ

この記事では、在庫管理を見える化するメリットや、在庫を見える化する方法をご紹介しました。


在庫管理を見える化することで、在庫管理の質や効率を向上させることができます。在庫管理を効果的に行うために、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考にして在庫管理の見える化に取り組んでいただければと思います。




MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。