お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

物流業務を効率化して人手不足解消!得られるメリットと効率化する方法を紹介

物流業界では人手不足が深刻な問題になっていて、これを解消するために業務を効率化することが求められています。


目次[非表示]

  1. 1.人手不足を解消するために物流の効率化が必要
    1. 1.1.ドライバーの人手不足
    2. 1.2.少子高齢化
    3. 1.3.肉体労働で激務なイメージ
    4. 1.4.賃金が安い
    5. 1.5.配達量の増加
  2. 2.物流業務を効率化するメリット3つ
    1. 2.1.人手不足の解消
    2. 2.2.コストの削減
    3. 2.3.サービスのクオリティの向上
  3. 3.物流業務を効率化する方法3つ
    1. 3.1.無駄な作業工程をなくす
    2. 3.2.動線を最短ルートにする
    3. 3.3.倉庫管理システムを導入する
  4. 4.まとめ

この記事では、物流業務を効率化することの必要性やメリット、効率化する方法についてご紹介します。

人手不足を解消するために物流の効率化が必要

物流業界では人手不足が深刻になっているため、業務を効率化することで人手不足を解消する必要があります。

ドライバーの人手不足

物流業界ではドライバーの人手不足が問題になっています。とくに若手の人材が十分に確保できていません。

少子高齢化

ドライバーの人手不足は少子高齢化の影響が要因のひとつになっています。今後は多くの中高年のドライバーが定年により退職するため、ドライバーの人手不足はさらに加速していくと考えられます。物流業務を効率化して人手不足に対応できるようにすることが求められています。

肉体労働で激務なイメージ

それではなく、物流業界は「肉体労働」「激務」といったイメージが強くあるため、人が集まりにくいという要因もあります。

賃金が安い

大手のECサイトには配送料を無料にしているサイトもあり、このような場合は契約している運送業者が配送料を負担している場合が多いのです。そのため激務であるにも関わらずドライバーの賃金が安い場合があります。これによって人材の確保がさらに難しくなっています。

配達量の増加

現在の物流業界では、EC市場が成長したことによって配達量が増加しています。これによってドライバー1人あたりの負担が大きくなってしまっています。現在の配達量に対して人材が足りていないのです。

物流業務を効率化するメリット3つ

物流業務を効率化することには、人手不足を解消できることをはじめ、たくさんのメリットがあります。物流業務を効率化することで得ることができるメリットを3つご紹介します。

人手不足の解消

物流業務を効率化することで、人手不足問題を解消することができます。物流業務を効率化することができれば、より少ない人数の従業員で仕事が回るようになります。従業員一人一人の負担も軽減することが可能です。

コストの削減

物流業務を効率化することはコスト削減につながります。倉庫を管理するのにかかるコストや、従業員の人件費、トラックにかかる費用など、物流業務でコストが発生する要素にはさまざまなものがあります。これらの業務を効率化することで、大幅なコストの削減をすることが可能です。

サービスのクオリティの向上

物流業務を効率化することで物流業務をスムーズに進められるようになります。物流業務がスムーズに進むようになれば、サービスのクオリティが向上します。


お客様のもとへ商品を届けるまでにかかる期間を短縮したり、ミスを減らして正確に配送できるようにしたりすることで、お客様の満足度が向上します。お客様の満足度の向上は、リピーターの獲得にもつながります。

物流業務を効率化する方法3つ

物流業務を効率化する方法を3つご紹介します。具体的にどうすれば物流業務を効率化できるのか確認しましょう。

無駄な作業工程をなくす

無駄な作業工程をなくしてよりシンプルな工程にしていくことで、物流業務を効率化できます。


たとえばピッキング作業で箱に入れた商品を、梱包作業を行う従業員に引き継ぐときに別の箱に入れることがあります。このような不要な工程をなくすことで業務が効率化されます。


不要な工程を踏んでいても長年習慣になっていて見直されていないことがあります。工程を見直して不要な工程があればなくし、シンプルな工程にしましょう。


人材不足の企業ではドライバーがトラックの運転だけでなく倉庫内での業務も兼任することも少なくありません。このような場合は、倉庫での業務を効率化することがより重要です。

動線を最短ルートにする

倉庫内のレイアウトを改善して、最適な動線にすることも物流業務の効率化に効果的です。無駄のない最短ルートを目指して動線を改善しましょう。倉庫内を移動する時間を短縮することで、作業にかかる時間を短縮できます。

倉庫管理システムを導入する

倉庫管理システムを導入することで物流業務を効率化できます。ハンディスキャナと連動したシステムを利用することで、商品コードをスキャンするだけでピッキングできるようになります。


またトラックに積む商品の組み合わせや配送ルートが自動で最適化されます。そのためトラックでの配送も効率よく行うことができます。


倉庫管理システムを導入する場合は費用がかかりますが、物流業務の効率化に大いに役立ちます。

■関連記事:在庫管理を見える化する方法とそのメリットとは?

まとめ

この記事では、物流業務を効率化することの必要性やメリット、効率化する方法についてご紹介しました。


物流業界では人手不足が深刻な問題になっているため、これを解消するために業務を効率化することが必要です。


この記事でご紹介した方法を参考にして、物流業務の効率化を進めてみてください。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。