お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

モノの管理で役に立つ、「RFIDタグ」で在庫管理を行うメリットと成功事例

RFIDとは電波を発する機械で、物を動かさずに一括で読み取ることができ、多くの業界で活用され始めています。

とくに最近RFIDは在庫管理で活用できるとして注目されています。


このページでは、RFIDタグで在庫管理を行うことによるメリット・デメリットをご紹介します。

RFIDタグで在庫管理を行った成功事例もご紹介するので、ぜひご覧ください。


RFIDとは?

RFIDとは電波を発する小型の機械で、物を動かさずに一括で物を認識して管理できます。


身近なものでは電子マネーがRFIDに当てはまります。

電子マネーにはRFIDが使われていて、データの記録・読み取り・通信が可能です。


最近RFIDは在庫管理で有効活用されていて、バーコードよりも業務の効率をアップさせることができるとして注目されています。


RFIDのメリット・デメリット

RFIDは便利でたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。

ここではRFIDにあるメリット・デメリットをご紹介します。


メリット

RFIDにあるメリットは複数商品の在庫情報を同時に読み取れることです。


全て手作業になると、伝票の作成ミスなどが発生しやすくなります。

在庫が不足したり、逆に在庫が多すぎて余ってしまいロスになったりしやすいという問題もあります。


手作業でカウントする場合は、在庫の商品を1つずつ数えなければなりません。

バーコードやQRコードも手作業と同様に商品を1個ずつ数えることになります。

1つずつ数えていると時間がかかってしまい非効率です。


RFIDを商品に付けておくことで、電波を受信できる範囲内にある商品を一括でカウントすることができます。

RFIDを導入することで人の作業ミスによる損失を防ぐことができます。


一括でスピーディーにカウントすることができ、カウントした商品の情報は本部でまとめて一括管理することが可能です。

効率よく管理できて短時間で済みます。

手間がかからない分、人的コストも削減することができます。


デメリット

RFIDにあるデメリットは単価が高いことです。

RFIDを使った在庫管理システムは便利である分単価が高くなります。

RFIDのシステムを導入するのにかかる費用の他に、商品に取り付けるRFID本体や読み取るためのスキャナにもコストがかかってしまいます。


RFIDは在庫管理する商品の数と同じ数だけ用意する必要があるため費用がかかります。

バーコードやQRコードであれば印刷して貼り付けるだけなのでそこまでコストはかかりませんが、高機能なRFIDタグはバーコードに比べて1枚当たりのコストが高くなります。


RFIDを導入する場合は、RFIDの導入にかかるコストとRFIDの導入によって得られるメリットを十分に比較して検討することが重要です。


しかし最近ではRFIDの価格も前に比べると低下してきているので、今後はより導入しやすくなっていくと予想されます。


在庫管理でRFIDを活用する際のポイント

在庫管理でRFIDを活用する際のポイントをご紹介します。


適した種類のRFIDを選ぶ

RFIDには、電池の有無や周波数など、数種類あります。


電池の有無

電池を持たない「パッシブタグ」は、スキャナの電波から電力を受け取り電波を発信するので通信距離は短くなりますが、価格が安く長期間使えます。


電池を持つ「アクティブタグ」はパッシブタグよりも遠くまで電波を発信できますが、価格が高く電池を消耗するので使用できる期間が短いです。


周波数

「HF帯(短波帯13.56MHz)」はエネルギー効率が良いですが、通信距離が短いdえす。


「UHF帯(極超短波帯900MHz)」はデータを受信する方向は限られていますが、通信距離が長くなります。


読み取り精度を過信しない

読み取り精度は環境や仕組みによって異なり、RFIDならどのような状況でも正確に読み取ることができるというわけではません。

たとえばRFIDは金属製品に貼ってある場合や金属の多い環境では読み取り精度が低下してしまいます。

水分の多い製品に張り付けた場合もうまく読み取れないことがあります。


「RFIDならば絶対に正確に読み取れることができる」と思って管理をしていると読み取り漏れに気付けない可能性があるので要注意です。


業界でのRFID活用事例

業界でのRFIDの活用事例をご紹介します。


アパレル・小売業での活用事例

アパレルや小売業では、ほとんどの商品を管理している倉庫の他、店舗でも管理すべき商品がたくさんあります。

商品の種類が非常に多いこともアパレルや小売業の特徴です。


商品の種類が多いので、顧客から商品の有無についての問い合わせを受けた時などに、回答するまで時間がかかりやすく、商品を売るチャンスを逃してしまうことも多くあります。


RFIDを在庫管理システムに活用することで、顧客が欲しい商品がその店舗にあるのか、他の店舗や倉庫にあるのかがすぐに把握できるようになります。

このように商品の情報を正確に早急に把握し顧客に回答することができるので、商品を売るチャンスを逃すことがなくなり、顧客からの評価もアップします。


入荷した商品の在庫管理についても、店舗のスタッフが行うのではなくRFIDを活用することで、在庫管理にかかる時間を短縮することができます。

在庫管理をする必要がなくなった分、スタッフは販売業務に集中することができ、顧客へのサービスも向上します。

■関連記事:防犯タグのメリットとデメリット|盗難・紛失防止の為に便利なツール


レンタル業界の活用事例

機材や着物などのレンタルを行うレンタル業界での活用事例をご紹介します。


機材や着物などのレンタル品を管理する場合も、RFIDを導入することで管理を効率化できます。


シール型のRFIDをレンタル品に貼り付けて、遠隔で読み取れるようにします。

こうすることで、貸し出した商品の情報を取得して一括管理できるようになり、商品の管理が効率化できます。


サイズや色などレンタル品の管理を細かく行えるようになることで、問い合わせへの対応の質もアップします。


着物などの服については、RFIDがあれば商品を箱に入れて保管している状態のままで管理できるため、いちいち箱から出すことがなくなり棚卸作業にかかる手間も軽減されます。


まとめ

このページでは、RFIDタグで在庫管理を行うことによるメリット・デメリット、RFIDタグで在庫管理を行った成功事例をご紹介しました。


RFIDを導入することで、商品の情報を一括で読み取ることができるようになるので、在庫管理の精度や効率がアップします。


しかしコストがかかるというデメリットもあるので、費用と効果を十分に検討することが大切です。


ご紹介したように、RFIDは多くの業界で活用され始めています。

RFIDに魅力を感じた方は、ぜひ導入をご検討ください。


■関連記事:IC(RFID)タグで効率化する物流・物品管理の事例


Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。