お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

派遣元が派遣社員に対してすべき管理|派遣元がすべき「派遣社員の管理」とは?

会社が社員を派遣する場合、派遣元では様々な管理をする必要があります。

賃金の支払いや有給休暇、労災保障の他、派遣社員の派遣先での物の紛失に対しても対策が必要です。

このページでは、派遣元が派遣社員に対してすべき管理にはどのようなものがあるのかご紹介します。


■関連記事:IT・システム業界での活用


派遣元が派遣社員の管理ですべきこと

派遣社員の管理において、派遣元がすべきことをご紹介します。


賃金の支払い

派遣元が派遣社員の賃金を支払います。

派遣社員は他の会社へ通勤することになっても、派遣元の企業と雇用契約を結んでいるので、派遣元が派遣社員の賃金を支払うことになります。


支払賃金の金額は、派遣先から提供された情報をもとに算出します。

派遣社員もしくは派遣先企業から提出された勤怠管理情報をもとに、賃金を支払いましょう。


時間外労働の割増賃金の支払いもあります。

残業、休日出勤、深夜労働などの時間外労働が発生した場合は、割増賃金を支払わなければなりません。


時間外労働などの割増賃金の金額も派遣先から提供された情報をもとに算出し、派遣元が支払います。


派遣社員の派遣先への通勤にかかる交通費の支給についても、契約にもよりますが派遣元が負担します。


有給休暇の管理

派遣元が派遣社員の年次休暇を管理します。


雇用した日から6カ月間継続して勤務していて、労働日の8割以上出勤している派遣社員には有給休暇を与えなければなりません。


2019年4月から施行された働き方改革関連法によって、10日以上の有給休暇が発生した社員は、年に5日有給休暇を取得しなければならないと義務付けられています。

これは派遣社員の場合も同じです。


この義務は派遣元に課せられているので、派遣元が派遣社員に有給休暇の付与や取得などの管理をしなければなりません。


労災保障

労災保険の適用は派遣元が行うことになっています。


労働者災害補償保険法では「労働者を使用する事業を適用事業とする」とされています。

労災保険の適用は労働者を使用する事業、つまり派遣元の企業が行わなければなりません。

派遣社員の労災保障において、派遣元が労災保険へ加入し、派遣社員へ適用することになります。


派遣元と派遣先で苦情の管理体制を整えるとよい

お互いが仕事を進めやすい環境作りのために、派遣元と派遣先で苦情の管理体制を整えておくことをおすすめします。


派遣元と派遣先でお互いに、苦情を受け付ける担当者を決めておきましょう。

どこかで不満が生まれた場合に苦情を言える環境にしておくことが求められます。

苦情を受け付ける担当者がいれば苦情を伝えることができ、話し合い改善する機会を設けることで不満を解消できます。


たとえば派遣社員が派遣先の労働環境に不満があった場合、苦情を受け付ける担当者がいれば労働環境についての苦情を伝えることができます。

苦情の内容が改善するべきものであった場合は、派遣先は労働環境の改善など問題の解決に努めてくれます。


仕事が進めやすい環境作りのために、派遣元と派遣先で苦情の管理体制を整えておきましょう。


派遣社員が派遣先からの貸与品を紛失することの危険

社員証やスマホ、パソコンなど派遣社員は派遣先から借りる物が多くあります。

もし派遣社員が派遣先から借りた貸与品を紛失してしまったら、今後の契約が危うくなるなど、派遣元にとって重大な問題になります。


社員証には会社名が分かりやすく記載されているので、社員証を紛失すると、道に落ちている社員証を通行人に見られてしまうことがあります。

道に落ちている社員証を見られてしまったら「◯◯という会社の社員は持ち物を管理できないんだな」と思われてしまい派遣先の評価が下がってしまう可能性が考えられます。


社員証を提示して入館する場合が多いですが、社員証を紛失するとそれを拾った第三者が派遣先の社員になりすましてオフィスに侵入してしまう危険があります。

侵入されてしまうと派遣先の会社の機密情報が盗まれてしまうかもしれません。


仕事で使うスマホやパソコンには顧客の個人情報や会社の情報など重要な情報が入っている場合が多いです。

派遣社員がこのような情報など重要な情報が入ったスマホやパソコンを店に置き忘れたりして紛失してしまったら、第三者が情報を抜き取るなど悪用する危険があります。


このように、派遣社員は派遣先から借りた社員証やスマホ、パソコンなどを紛失してしまうと、派遣先に多大な迷惑がかかってしまいます。

派遣先に迷惑をかけてしまうと、今後の契約にも影響し派遣元にとっても重大な問題になるので、派遣社員の物の紛失には要注意です。

■関連記事:

入館証/社員証(勤務先・常駐先・派遣先)の紛失防止対策、予防対策


派遣社員の物の紛失防止に「MAMORIO Biz」がおすすめ

派遣社員が派遣先から借りた貸与品を紛失するのを防ぐためには、紛失防止タグの導入がおすすめです。

紛失防止タグは、物に取り付けておくことで紛失するのを防ぐことができます。

紛失防止タグには様々な商品がありますが、その一つとして世界最小クラスの紛失防止タグである「MAMORIO Biz」の紛失防止タグをご紹介します。


コンパクトで邪魔にならない

MAMORIOタグは、世界最小クラスの紛失防止タグです。

小さくて薄いので、取り付けても邪魔になりません。

ストラップのように取り付けられるタグ型の他、貼って使えるシール型もあり、利用シーンに合わせて選ぶことができます。


スマホへの通知で紛失防止

MAMORIOタグを付けた対象物が一定の範囲内から離れると、スマホに通知でお知らせします。

たとえば営業先のお店に置き忘れそうな時などに通知がくるので、紛失する前に気が付くことができ、紛失を防止できます。


もし紛失してしまった場合は、サポートデスクが捜索を支援するので、効率よく探すことができます。


MAMORIO Bizの詳細についてはこちら


まとめ

このページでは、派遣元が派遣社員に対してすべき管理にはどのようなものがあるのかご紹介しました。


会社が社員を派遣する場合、派遣元では様々な管理をします。

賃金の支払いや有給休暇、労災保障の他、派遣社員の派遣先での物の紛失に対しても対策しなければなりません。


社員を派遣する場合は、ぜひこのページでご紹介した内容を参考に、安心して社員を派遣できる環境を整えていただければと思います。

Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。