お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

Iotとは?倉庫管理にIotを導入するメリットや企業での導入事例を紹介

Iotの技術を倉庫の管理に取り入れることで、手作業での作業が減り、倉庫内のモノを効率よく管理できるようになります。

目次[非表示]

  1. 1.Iotとは
  2. 2.Iotを構成するもの
  3. 3.倉庫管理にIot技術を導入するメリット
    1. 3.1.倉庫の作業の進捗が把握しやすくなる
    2. 3.2.倉庫での作業が効率化される
    3. 3.3.コスト削減できる
    4. 3.4.倉庫内の異常を発見できる
  4. 4.Iotを活用した倉庫管理システムの事例3つ
    1. 4.1.RFIDを導入
    2. 4.2.ロボットを導入
    3. 4.3.音声認識システムを導入
  5. 5.まとめ

この記事では倉庫管理へのIotの導入について、得られるメリットや、実際に導入した企業の事例をご紹介します。

Iotとは

Iotとは、Internet of Thingsの略語で、直訳すると「モノのインターネット」を意味します。あらゆるモノをインターネットに接続する技術のことです。

Iotでは、モノをインターネットに接続して情報のやり取りを行えます。Iot技術を利用することで、倉庫内のモノを効率よく管理できるようになります。倉庫管理において手作業での作業が減り、正確なデータをリアルタイムで確認することが可能です。


Iotを構成するもの

Iotを利用することで、モノ→サーバー→ユーザの流れで、データの取得・通信・収集・活用が可能になります。Iotを構成している基本技術は次のとおりです。

  • データを取得するエッジデバイス

エッジデバイスはモノからデータを取得するものです。エッジデバイスにはデータをIotにつなげる役割があります。たとえばセンサーや自動認識バーコードなどです。

  • データを通信するゲートウェイ

ゲートウェイはエッジデバイスからインターネットにつなげる中継装置です。インターネット回線を利用してゲートウェイを中継して通信します。

  • データを収集するサーバー

サーバはインターネット回線を使って集められたデータを集める場所です。Iotサーバというものでデータの分析などを行います。Iotサーバ以外にクラウドが利用される場合もあります。

  • データを活用するBIやAI

BIという手法で役立つ知識を集めたり、AIを活用して情報の分類や判断を行います。

倉庫管理にIot技術を導入するメリット

Iot技術は倉庫管理に役立つため、導入すること様々なメリットが得られます。Iot技術を倉庫管理に導入することで得られるメリットにはどのようなものがあるのかご紹介します。

倉庫の作業の進捗が把握しやすくなる

Iotにより、倉庫内での作業の進捗状況が把握しやすくなります。倉庫内の作業員やフォークリフトなどにICタグを取り付けることで、作業の進捗状況や作業にかかっている時間が可視化され把握できるようになります。

倉庫での作業が効率化される

Iotにより倉庫での作業が効率化されます。Iotにより、倉庫内を人が行き交うことなく作業の指示を出したり、作業の完了報告をしたりできるようになります。そのため倉庫内の作業が効率化されます。

コスト削減できる

Iotの活用はコスト削減にもつながります。Iotにより倉庫での作業が可視化されるため、人員が適切な人数であるか把握できます。人員が必要以上に多い場合は、人数を減らして適切な人員にすることができます。こうして人件費を削減することでコスト削減につなげることが可能です。

倉庫内の異常を発見できる

Iotにより、倉庫内で起こった異変にすぐに気付けるようになります。倉庫内にセンサーを設置することで倉庫内の状況を把握できるようになり、異常事態が発生した場合はアラート機能で通知を受け取れます。

倉庫内のセンサーに温度の変化を察知させることで、倉庫内の温度が変化したことに気付くことができます。急激に温度が変化した際にすぐに気付いて対処できるため、倉庫内のモノが劣化するのを防止することが可能です。

倉庫内のセンサーで不審者が侵入した際に通知を受け取ることもでき、倉庫内を監視することもできます。

■関連記事:

倉庫内のロケーションを表示する方法を紹介|ロケーション番号のつけ方やメリット

Iotを活用した倉庫管理システムの事例3つ

企業では実際に倉庫管理にIotが利用されています。実際にIotを活用した倉庫管理システムの事例を3つご紹介します。

RFIDを導入

企業の倉庫に保管するの生産する時点で商品にRFIDを取り付けることで、生産~保管~出荷まで一貫して管理している事例があります。

倉庫で行われる検品や仕分けなどの作業は、機械がRFIDを読み取り行うため、人が直接関わるのはピッキング作業のみで済みます。これにより人件費を10分の1まで削減できました。

■関連記事:

IC(RFID)タグで効率化する物流・物品管理の事例

ロボットを導入

ロボットが商品棚を作業員のいる場所まで運ぶ仕組みを取り入れている企業があります。

倉庫にあるモノの数が多いほどエリアを歩き回ってピッキングの作業をするのに時間がかかります。

この作業にロボットを活用することで、作業員を最低限の人数にすることが可能です。、

ピッキングニカかかる人件費を削減でき、時間も削減できるため効率も向上します。

音声認識システムを導入

作業に音声を利用している事例があります。

ピッキング作業をする時は紙のピッキングリストやハンディターミナルなどで手が塞がります。そのため、棚からモノを取り出すのに時間がかかります。

ある企業では、イヤホンからながれてくる音声に従って作業をするという仕組みを取り入れました。

これによって常に両手が空いている状態になり、作業が効率化されました。間違えてモノを落としてしまうリスクも軽減されます。

まとめ

Iotの技術を倉庫の管理に取り入れることで、倉庫内でのモノの管理が効率化できます。人が行う作業が減り、倉庫内のモノを効率よく管理できるようになり、コスト削減にもつながります。

倉庫の管理にIotを導入する際は、ぜひこの記事でご紹介した事例を参考にしてみてください。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。