お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

現品管理とは?メリットと効率よく行う方法を解説


現品管理では、企業が一時的に保管している原材料、部品、仕掛品、完成品などを管理します。生産性が向上する、品質が安定するなど、さまざまなメリットが得られます。


目次[非表示]

  1. 1.現品管理とは
  2. 2.現品管理を行うメリット4つ
    1. 2.1.生産性が向上する
    2. 2.2.品質が安定する
    3. 2.3.現品を適切な数にできる
    4. 2.4.コスト削減できる
  3. 3.効率的な現品管理のためにすべきこと7つ
    1. 3.1.現品管理を行う専用の場所を確保する
    2. 3.2.現品を保管してある場所がわかるようにする
    3. 3.3.管理表を作る
    4. 3.4.管理システムの導入を検討する
  4. 4.現品管理の問題点と解決方法
    1. 4.1.入力ミス
    2. 4.2.現品確認のミス
    3. 4.3.限られた従業員への依存
  5. 5.まとめ

この記事では、現品管理について行うことで得られるメリットと効率よく行う方法を解説します。

現品管理とは

現品管理とは、企業が一時的に保管している原材料、部品、仕掛品、完成品などを管理することです。どこに、何が、どのくらいあるかを把握して共有する必要があります。

現品の状況を管理して正確に把握することは、スムーズな経営を行う上で重要です。


現品管理を行うメリット4つ

適切な現品管理を行うことにはさまざまなメリットがあります。ここでは現品管理を行うことで得られるメリットを4つご紹介します。

生産性が向上する

現品管理をすることで、現品がそこにあるのかがすぐにわかるようになります。ある現品が必要になったときに、現品を探すのに時間がかからないため、生産性が向上します。

品質が安定する

生産性が向上することで、生産にかかる時間が短縮できます。これによって滞留する現品が減り、各工程における保存期間が短くなります。 滞留によって現品が経年劣化するのを防げるため、製品の品質が安定します。

現品を適切な数にできる

現品管理を行うことで必要な現品の数が明確になります。そのため現品を適切な数にしておくことができ、現品が多くなりすぎたり足りなくなったりするのを防止できます。

コスト削減できる

現品管理をすることで、在庫状況が明確になります。そのため無駄に仕入れてしまうことがなくなり、コスト削減につながります。適切な量の現品を維持することができるため、現品の保管にかかる費用も削減することが可能です。

効率的な現品管理のためにすべきこと7つ

効率的な現品管理のためにすべきことを7つご紹介します。

現品管理を行う専用の場所を確保する

現品管理を行う専用の場所を確保しましょう。現品は倉庫内に保管してある場合が多いですが、倉庫内はスペースが限られていて、現品管理作業を行うのに十分なスペースがないことがあります。

このような環境で現品管理作業を行うと、現品の紛失しやすくなります。現品管理作業を行う専用の場所を確保して、作業するようにしましょう。

現品を保管してある場所がわかるようにする

現品を保管してある棚に表示シールを貼っておきます。こうすることでどこにどの現品を管理しているかがひと目でわかるようになります。

さらに現品を保管してある場所を管理表に記載しておきます。こうすることで現品をすぐに見つけることができます。

現品の紛失を防止するためにも、保管する場所を動かさないようにして固定するのがおすすめです。回転率の悪い現品がどのくらい倉庫を占めているのか把握することができます。

管理表を作る

在庫管理表を作成します。現品管理は、保有している材料を確認したり、商品の生産にかかる原材料費を正確に計算したりする目的もあります。

これらの作業を効率的に行うためにも、ひと目で状況が把握できる管理表を作成しましょう。

仕入れた数量や使った数量がひと目でわかるような管理表を作成し、必要な時にすぐに確認できるようにしておきましょう。

■関連記事:

はじめての備品管理 − 社内の備品を上手に管理するコツとツールを紹介

管理システムの導入を検討する

必要に応じて管理システムの導入を検討しましょう。管理システムを導入することで現品管理を効率的に行えるようになります。

管理はエクセルなどのソフトでも可能ですが、企業規模が大きくなるとそれだけでは対応できなくなります。

管理システムには、ハンディターミナルを利用できるものや、他のツールと連携できるものもあります。現品管理を効率的に行うためにも管理システムの導入を検討してみてください。

■関連記事:

在庫管理を見える化する方法とそのメリットとは?


現品管理の問題点と解決方法

現品管理で発生しやすい問題点とその解決方法をご紹介します。

入力ミス

現品管理では入力ミスが発生します。業務効率化ツールは便利ですが、現品管理と販売管理など複数の業務効率化ツールを同時並行で利用すると、入力ミスが発生しやすくなります。

このような入力ミスを減らすためには利用するツールを連携させましょう。販売管理ツールや顧客管理ツールなど、現品管理ツール以外にも便利な業務効率化ツールがたくさんあります。

これらとうまく連携すれば、ミスが発生しにくくなるとともに、経営もしやすくなります。

現品確認のミス

現品を確認する際にミスが発生することがあります。現品のカウント漏れや、重複カウントなど、人の手で作業するとリスクが伴います。

対策として、ハンディターミナルやバーコードを使う方法があります。これらを使うことで現品の確認で発生するミスを防止できます。

限られた従業員への依存

扱う種類が増えるほど、現品管理のルールは複雑になります。その結果、一部の従業員しか現品管理を行うことができなくなってしまいます。

誰でも現品管理を行えるように、ルールをわかりやすくマニュアル化しましょう。現品管理に関連する事務作業についもマニュアルを作成して、管理方法を同一化して、視覚化します。

マニュアルはすべての従業員がいつでも閲覧できる場所に用意して、知りたい管理方法をすぐに調べられるように整える必要があります。

まとめ

この記事では、現品管理を行うことで得られるメリットと効率よく行う方法についてご紹介しました。

現品管理では、保管している原材料、部品、仕掛品、完成品などを管理します。現品管理を行うことには、生産性の向上や、品質の安定など、さまざまなメリットが得られます。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしながら、効率の良い現品管理を行っていただければと思います。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。