お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

位置検知システムの活用方法4選

位置検知システムでは人や物の位置をリアルタイムに検知できます。この位置検知システムは様々な業界で活用されています。

目次[非表示]

  1. 1.位置検知システムとは?
  2. 2.位置検知の方法
    1. 2.1.BEACON
    2. 2.2.GPS
    3. 2.3.Wifi
    4. 2.4.電波
    5. 2.5.超音波
  3. 3.位置検知システムの活用方法
    1. 3.1.社員の居場所が把握できる
    2. 3.2.店舗にいる顧客にクーポンを配信できる
    3. 3.3.物の紛失を防止できる
    4. 3.4.子どもや高齢者を見守る
  4. 4.位置検知システムの注意点
  5. 5.まとめ


この記事では、位置検知システムの活用方法や、位置検知システムを導入する際の注意点をご紹介します。

位置検知システムとは?

位置検知システムとは、人や物の位置をリアルタイムに検知できるシステムのことです。最近は人や物の位置を検知できる位置検知システムが様々サービスに活用されています。

■関連記事:

GPSタグの欠点|BluetoothタグやBeaconとの違いとは?

位置検知の方法

位置検知の方法にはいくつかの種類があり、様々な位置検知システムがあります。ここでは位置検知の方法にはどのような種類があるのかご紹介します。


BEACON

BEACONはBluetooth Low Energyの信号を利用して位置を検知します。建物内などに発信源を取り付けて。この発信源が発信する信号を検知することで位置を検知する方法です。


GPS

GPSは衛星システムが発進する信号を受信して、その信号が届くまでにかかった時間や緯度、経度から、位置を検知します。


Wifi

Wifiは送信元から受信元まで電波が届くまでに、建物内などで跳ね返りながら複数の経路を通過していきます。この電波が複数の通路を通過する現象を利用して人や物の位置を検知します。


電波

検知する人や物から発信された電波を受信機が検知して、到達までにかかった時間や入射角から位置を検知します。その他に電波の強度から検知する方法もあります。


超音波

発信源から超音波を発信して、物から跳ね返った超音波を受信し、かかった時間から位置を検知します。

位置検知システムの活用方法

位置検知システムには様々な活用方法があり、様々な業界で活用されています。ここでは位置検知システムの活用方法をいくつかご紹介します。位置検知システムの導入を検討している場合は、ここでご紹介する活用方法を参考にしてみてください。

社員の居場所が把握できる

位置を検知することで、社員の居場所が把握できるようになります。社員がどこで仕事をしているのかをリアルタイムで知ることが可能です。

オフィスが複数のフロアに分かれている場合や見通しが悪い場合も、社員がどこで仕事をしているのかが把握できるようになります。

現在のそれぞれの社員の居場所について、オフィスに出社しているのか在宅勤務しているのかについても把握できます。

たとえば会議を行う場合は、全員がオフィスに出社している場合は会社で会議のための部屋を用意して、在宅勤務している社員がいる場合はリモート会議の準備をするなど、スムーズに会議の準備が進められます。

店舗にいる顧客にクーポンを配信できる

顧客の位置を検知することで、店舗にいる顧客にクーポンを配信できます。


顧客がいる位置をリアルタイムに検知することが可能であるため、店舗にいる顧客を特定することができます。店舗に入ってきたユーザーに対して、スマートフォンを通してクーポンやお買い得商品の情報などを配信することが可能です。


リアルタイムに店舗のクーポンやお得情報などを配信することができるため、店舗の集客や販促に役立てることができます。

物の紛失を防止できる

位置を検知できる機能は、物を紛失するのを防止することにも役立ちます。


財布や鍵などの紛失したくない物の位置を検知できます。物が自分から一定の距離遠ざかった場合にスマートフォンで通知を受け取るなどして、紛失しそうなことに気づくことができます。


物を紛失してしまった場合も、物の位置を検知することで、紛失してしまったものを見つけることが可能です。

■関連記事:

GPSがオフでも紛失したスマホを見つける方法をご紹介

子どもや高齢者を見守る

子どもや高齢者の位置を検知して見守ることができます。

位置検知システムによって、子どもや高齢者などの位置を検知することが可能です。そのため迷子にならないよう見守ることができます。

離れていても対象者が現在どこにいるのかを把握して見守ることが可能になります。もし迷子になってしまった場合は、検知した位置情報をもとに創作することができます。

位置検知システムの注意点

位置検知システムには様々な活用方法があります。その一方で、人の位置を検知して管理する場合は、人が不満を感じてしまう可能性があります。位置を検知されている間ずっと監視されていることになります。そのため不満を抱く人も少なくありません。

人の位置情報を検知して管理する場合は、位置情報を検知して管理する理由について説明しましょう。そして位置を検知できるようにして管理することについて納得してもらってから位置検知による管理を始めましょう。

まとめ

ここまで位置検知システムの活用方法や、位置検知システムを導入する際の注意点についてご紹介しました。

位置検知システムでは人や物の位置をリアルタイムに検知でき、位置検知システムは様々な業界で活用されています。

人の位置情報を検知して管理する場合は、その理由について説明するなど配慮することが大切です。

位置検知システムの導入を検討している場合は、ぜひこの記事でご紹介した活用方法や注意点を参考にしていただければと思います。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。