お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

効果的にダブルチェックを行う方法|ダブルチェックの問題点を解決する方法とは?

二重で確認するダブルチェックを行うことで、ミスを防止できます。

しかしダブルチェックさえ行っていれば大丈夫というわけではなく、ダブルチェックには問題点もあります。

目次[非表示]

  1. 1.ダブルチェックの必要性
  2. 2.ダブルチェックの方法
  3. 3.ダブルチェックの注意点
    1. 3.1.「他の人もチェックしているから」と気が緩む
    2. 3.2.知識が不十分
  4. 4.ダブルチェックに機械を導入
  5. 5.まとめ

この記事では、ダブルチェックの必要性や問題点とともに、ダブルチェックの方法をご紹介します。

ダブルチェックの必要性

ダブルチェックを行うことで、ミスをする確率が減少します。1回目の確認では気が付かないミスを見つけることができるとして、効果があるとされています。

とくに医療の現場では、ミスをなくすためにダブルチェックを行うことは重要です。人の命がかかっているケースもあり大きな責任があるため、ミスが許されないからです。

医療の現場だけでなく、メールの宛先の確認や、金額の確認などでもダブルチェックを行う場面は多くあります。

■関連記事:

会社の重要書類を紛失した際に取るべき行動【事前対策もご紹介】​​​​​​​


ダブルチェックの方法

ダブルチェックの方法には次のような方法があります。

<1 人でダブルチェックを行う場合>

1 人連続型:1 人が連続してチェックする

1 人時間差型:1 人が 1 回目のチェックと 2 回目のチェックの間に時間を空ける

1 人双方向型:1 人が 1 回目と 2 回目でチェックする方向を逆にする(1 回目は処

方箋から薬剤、2 回目は薬剤から処方箋など)

<2 人でダブルチェックを行う場合>

2 人連続型:2 人が連続して1 回ずつチェックする

2 人連続双方向型:1 人目がチェックした後に 2 人目が逆方向でチェックする(1 人目は処

方箋から薬剤、2 人目は薬剤から処方箋など)

2 人同時双方向型: 1 人目が処方箋を読み上げて 2 人目が薬剤をチェックして、次に

2 人目が薬剤を読み上げて 1 人目が処方箋をチェックする

どの方法で行う場合も、2人で声を出しながら、指差し確認をしながら行います。

1人目と2人目でチェックを行う方向を変えるとより効果的です。たとえば1人目が処方箋をチェックしてから薬をチェックした場合、2人目は薬をチェックしてから処方箋をチェックします。

従業員全員が正しい方法で実施できるよう、ルールとして定めて徹底することが大切です。

ダブルチェックの注意点

ミスを減少させる上で有効なダブルチェックにも問題点があります。ダブルチェックさえ行っていれば大丈夫というわけではありません。過信することでかえってミスを誘発してしまうことさえあります。

「他の人もチェックしているから」と気が緩む

2人でダブルチェックを行うと「他の人もチェックしているのだから大丈夫だろう」と気が緩んでチェックが甘くなってしまうことがあります。相手へ依存したり思い込みをしたりしてしまうのです。


これは「リンゲルマン効果」や「社会的手抜き」といわれます。こうなるとダブルチェックによる効果は低下してしまいます。


チェックする人数を3人や4人に増やしたとしても同じことです。ミスが発生してしまう根本的な原因に対処しないと、人数を増やしても問題は解決されません。


たチェックする人数を増やしても効果は上がらず、スタッフの負担を費やすだけになってしまいます。クリニックや薬局において全体的な業務が増えることになるため、別のミスを誘発してしまうかもしれません。

ダブルチェックを行う2人は、依存心せずにお互いに独立してチェックを行うことが求められます。

知識が不十分

ダブルチェックを行う人が、チェックするのに必要なだけの能力を持っていないと、適切なチェックができません。


チェックを行う人はチェックの前後の工程を把握していて、チェックする項目についてチェックする意味やチェックすることの重要性を理解している必要があります。


「何のためにチェックするのか」を理解していなければ、ミスに気付く確率が低下してしまいます。


薬剤の効果や副作用といった知識から、投与する患者の病態についての知識まで理解していてはじめて、チェックできる能力を持っていることになります。そうでなければ「間違っている」と気付いて発言することができません。

■関連記事:管理の仕事内容とは?求められるスキルや資格も紹介

ダブルチェックに機械を導入

機械によるチェックを導入するという方法もあります。機械でダブルチェックすることで投薬のミスなどを減らすことができます。


機械によるチェックでは、人がチェックする場合に比べて、ミスの確率を大幅に下げることができるからです。1万種以上の薬剤を一瞬でチェックできる機械もります。


しかし導入するのにはコストがかかり、従業員が機械の操作を覚えなければなりません。導入する場合はこのように課題はありますが、安全第一です。チェックする内容に応じて機械化することをおすすめします。人がチェックし、さらに機械でもチェックするとより安心です。

まとめ

仕事が立て込んでいて忙しいときは、ついついチェックがおろそかになってしまいがちですが、このようなときにミスが発生しやすいため要注意です。忙しいときほど入念なダブルチェックが必要です。

安全が最優先であるとスタッフ1人1人が意識して、丁寧にチェックを行い、ミスなくすことが求められています。状況に合わせて、機械によるチェックの導入を考えることもおすすめします。

今回ご紹介したダブルチェックの方法や注意点を、効果的なダブルチェックに活かしていただければ幸いです。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。