お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

在庫管理の改善事例3選!改善のための具体的な方法を紹介

在庫管理を行い、企業にある在庫を最適な状態で供給できるように管理する必要があります。在庫管理に問題があると、生産性が低下したり、廃棄を増やしてしまったりと、経営に支障が出てしまいます。

目次[非表示]

  1. 1.在庫管理とは?
  2. 2.在庫管理を改善する方法
    1. 2.1.在庫管理システムを導入する
    2. 2.2.適正在庫数を知る
    3. 2.3.誰でも在庫管理ができる状態にする
  3. 3.在庫管理を改善させた事例3選
    1. 3.1.ピッキング作業を効率化した事例
    2. 3.2.在庫の情報をリアルタイムで共有可能にした事例
    3. 3.3.過去データの分析で最適な仕入れを実現させた事例
  4. 4.まとめ


在庫管理を改善することで、このような課題を解決することができ、スムーズな経営やサービスの向上につながります。


この記事では、在庫管理を改善する方法について、3つの事例を紹介しながらご説明します。

在庫管理とは?

「在庫管理」とは、企業にある原材料・仕掛品・製品などの在庫を、最適な状態で供給できるように管理することです。


在庫管理の主な業には入出庫管理や返品管理、棚卸しなどがあります。これらの業務を行うことで在庫の数や状態を把握して管理します。

在庫管理を改善する方法

在庫管理を改善する方法について確認しておきましょう。

在庫管理システムを導入する

在庫管理システムとは、在庫管理を効率よく行うためのシステムです。在庫管理システムには在庫の数量を管理する機能や入出庫を管理する機能などがあります。在庫管理システムを導入することで、在庫管理業務を効率よく行えるようになり、在庫管理を改善できます。

■関連記事:

在庫管理と倉庫管理の違いは?管理が便利になる管理システムについても紹介

適正在庫数を知る

適正在庫数を確認しましょう。「適正在庫数」とは、在庫が不足することがない最低限の在庫数のことです。適正在庫数を知るためには、現在の在庫数が過剰なのか不足しているかを確認する必要があります。


過去の販売実績のデータなどを確認して最適な数量を把握することで、適正在庫数を割り出しましょう。

誰でも在庫管理ができる状態にする

誰でも在庫管理ができる状態にしましょう。在庫管理システムを導入して、操作方法をわかりやすいマニュアルにすることで、誰でもマニュアルを見れば在庫管理業務が行えるようにしましょう。


こうすることで、一部の担当者に依存することなく、いつでも在庫管理を問題なく行えるようになります。

■関連記事:

エクセルで在庫管理はもう古い?エクセルで在庫管理のポイントと限界点

在庫管理を改善させた事例3選


在庫管理システムを導入したことによって、課題を解決して在庫管理を改善させた事例を3つご紹介します。在庫管理の改善に取り組む際は、ぜひここでご紹介する事例を参考にしてみてください。

ピッキング作業を効率化した事例

小売業であるA社が在庫過多を改善してピッキング作業を効率化した事例です。

課題

A社は特定の従業員だけが在庫の保管場所を把握していたことが原因で、生産性が低下していました。他の従業員を配置しても在庫の保管場所を指示する際にタイムロスになり、ピッキング作業が滞ってしまいました。

改善

そこで会社にある受注管理システムと連携できる在庫管理システムを導入しました。在庫管理システムを導入してからは誰でもピッキング作業が行えるようになり、ピッキング作業にかかる時間が大幅に効率化されました。


これによってピッキング業務をアルバイトに任せることが可能になり、従業員はコア業務に取り組めるようになりました。

在庫の情報をリアルタイムで共有可能にした事例

製造業であるB社が在庫の情報をリアルタイムで共有できるように改善した事例です。

課題

B社は製造工場と本社が離れていて、本社でしか製造状況をリアルタイムで把握できない状態でした。また一部の製造工程しか管理を行っていなかったため、商品名ごとに作業の進捗を把握することは困難でした。このような課題があることによって、具体的に生産計画を立てることができなくなってしまいます。

改善

そこで在庫管理システムを導入し、製造工場と本社のシステムをプライベートなネットワークで接続して、在庫情報をリアルタイムに共有できるようにしました。これによって産管理から在庫管理までの作業効率が向上しました。


さらに商品ごとに生産工程や現在のステータスを設定し、各工程における予定納期と進捗状況、そして仕掛品や製品など商品の状態ごとに在庫状況を管理することが可能になりました。在庫状況と出荷実績を詳しく管理し把握できるようになったことによって、正確で生産計画を立てることが可能になったそうです。


システムを見れば在庫の状況が一目で把握できるようになったため、クライアントから問い合わせがあった場合も、誰でもすぐに対応できる体制が整いました。

過去データの分析で最適な仕入れを実現させた事例

飲食業であるC社が過去のデータを分析することによって最適な仕入れを実現させた事例です。

課題

C社では、旬の食材を使った和食を提供しているため、季節により使う食材が頻繁に変わります。そのため仕入れるべき食材の量を見極めることが難しいことが課題になっていました。

改善

そこで在庫管理システムを導入しました。在庫管理システムを利用することで、どの食材をどのくらいの量仕入れるべきなのかが明確に把握できるようになりました。


在庫管理システムのデータをさかのぼることで、去年は旬の食材をいつ、どのくらいの量仕入れて、どのくらいお客様に注文されたのかがわかります。このように過去のデータをも参考にして今年の仕入れ量を調整することが可能になりました。


こうして廃棄を増やさずにお客様に不足なく提供できる量を仕入れることができるようになり、安定した仕入れが実現されました。

まとめ

在庫管理を改善することで、生産性が向上したり、過不足のない最適な量の仕入れができたり、様々なメリットが得られます。課題を解決して、スムーズな経営やサービスの向上につなげることができます。


在庫管理の改善に取り組む際は、ぜひここでご紹介した事例を参考にしながら取り組んでみてください。

MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。