お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

タブレット・iPadの紛失や盗難対策|iPad貸出を安全に行う為のコツ

最近iPadなどのタブレット端末は個人が利用するだけでなくビジネスでも利用されていて、業務の効率アップに役立っています。

タブレットは薄くて軽いので持ち歩くのに便利で、営業社員をはじめ多くの企業で取り入れられています。


その一方で、はセキュリティ上のリスクが高いという問題があります。


この記事では、タブレットのセキュリティ上のリスクと、企業が社員へタブレットの貸出を安全に行うための対策についてご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.タブレット・iPadの貸出はパソコン以上にリスクが高い
  2. 2.タブレット・iPad貸出のセキュリティ対策
    1. 2.1.タブレット・iPadを使用する社員にセキュリティ教育を行う
    2. 2.2.連絡体制を整える
    3. 2.3.ウイルス対策ができるソフトを導入する
    4. 2.4.外出先ではVPN接続を使用する
    5. 2.5.モバイル Wi-fiルーターもしくはLTE回線を使用する
    6. 2.6.遠隔操作できるように設定する
    7. 2.7.OSは最新の状態を保つ
    8. 2.8.アプリやファイルのダウンロードは慎重に行う
    9. 2.9.紛失防止タグMAMORIOを利用する
  3. 3.まとめ



タブレット・iPadの貸出はパソコン以上にリスクが高い

iPadなどのタブレットは、パソコン以上にセキュリティ上のリスクが高く、企業の情報漏洩になどにつながりやすいのです。


その理由は、タブレットは置き忘れや紛失につながりやすいからです。


タブレットはどこでも気軽に取り出して使用できて便利ですが、その反面紛失するリスクも高くなります。


日本ネットワークセキュリティー協会の2015年の報告書によると「置き忘れ・紛失」は情報漏洩の原因のトップになっています。


タブレットのセキュリティ対策が十分でないと、顧客の個人情報を盗まれる、社内のネットワークにウイルスを拡散されるなど、情報漏洩につながる可能性があります。


顧客の個人情報が漏洩した場合、顧客に被害が及ぶ他、企業の信用が落ちたり、多額の損害賠償が必要になることがあります。


タブレット・iPad貸出のセキュリティ対策

企業で社員にタブレットの貸出を行う場合は、セキュリティ対策も行うことが大切です。

タブレットのセキュリティ対策をする方法をご紹介します。


タブレット・iPadを使用する社員にセキュリティ教育を行う

タブレットに対してだけでなく、使用する社員に対しても対策する必要があります。


以下のような内容を社員たちが守れるよう、教育を実施しましょう。


  • 外出先で人目につくような場所で、重要な情報が掲載されたファイルを開かない
  • 無料Wi-fiを利用しない
  • ファイルの送信ミスをしないよう何度もチェックする
  • パスワードは複雑なものにする


前もって教育を行うことで、情報漏洩のリスクを下げることができます。


連絡体制を整える

タブレットを紛失してセキュリティ上のトラブルが発生した場合に迅速に対応できるよう、連絡体制を整えておくことが必要です。


タブレットを紛失したらどの部署に連絡するか、連絡がきたらどのような対応をするかなど、社内の連絡体制を整備します。


連絡体制を常に確認できるようにしておきましょう。


トラブルを想定して訓練して、連絡体制が適切に整備されているか確認することも大切です。


■関連記事

会社の備品を紛失した時の対応|役立つ紛失防止・予防策をご紹介


ウイルス対策ができるソフトを導入する

タブレットにウイルス対策ができるソフトを導入するという方法は、最も簡単にできるセキュリティ対策です。


無料のアプリもありますが、機能に制限があるので企業に導入する場合は有料のものをおすすめします。


例えば、パソコンのウイルス対策ソフトとして知られている「マカフィー」は、タブレットにも導入できます。

ipad



外出先ではVPN接続を使用する

社員が外出先でタブレットを使用する際は、VPN接続を使用させましょう。

VPNとはVirtual Private Networkの略で、訳すと「仮想プライベート回線」という意味になります。


インターネット上に仮想回線を設けることで、インターネットを安全に使用できるようにするものです。


無料Wi-fiなどは誰でもアクセスできるので、情報を盗まれたりする危険があります。

VPN接続では上記のような無料Wi-fiにあるリスクを減らすことができます。


モバイル Wi-fiルーターもしくはLTE回線を使用する

外出先でタブレットを使用する際は、モバイルWi-fiルーターもしくはLTE回線を使用することで情報漏えいのリスクが減ります。


モバイルWi-fiルーターでは自分だけのパスワードを入力して使用するので安全で、LTE回線では一般的に高いセキュリティ対策がされた回線なので安全です。


遠隔操作できるように設定する

タブレットを置き忘れて見つからなかった場合や盗難された場合に、遠隔操作でデータを削除することができます。

データを削除することで悪意のある第三者にデータを盗まれることを防げます。


遠隔操作できるように設定しておくとともに、いつデータが削除されても困らないようこまめにバックアップを取っておきましょう。


OSは最新の状態を保つ

OS(オペレーティングシステム)はアップデートをすぐに行い、常に最新の状態であるようにしましょう。

OSが古いままだとウイルスに侵入されてしまう可能性が高くなります。


アプリやファイルのダウンロードは慎重に行う

アプリやファイルのダウンロードには注意して慎重に行いましょう。

ダウンロードするファイルにウイルスが入っていることがあるからです。

提供元が不明のアプリやファイルのダウンロードを社員が個人的に行うことは避けることをおすすめします。


紛失防止タグMAMORIOを利用する


OGP

紛失防止タグMAMORIOは、紛失を防ぐことができるツールです。

紛失防止対策をすることでセキュリティ上のリスクを下げることができます。

紛失防止タグは、タブレットなど失くしたくない物に取り付けておくことで紛失を防ぐことができます。


紛失防止タグMAMORIOは世界最小クラスのコンパクトなサイズの紛失防止タグで、薄いタグタイプや貼って使えるシールタイプもあります。

仕事で使うタブレットにコンパクトに取り付けられます。

シール型MAMORIO


置き忘れたりしてMAMORIOタグを取り付けたタブレットが手元から離れた時には、スマホに通知で知らせてくれるので、紛失するのを防ぐことができます。


MAMORIOタグを取り付けた物との位置情報が記録されるようになっているので「いつどこにタブレットがあったのか」が記録されています。

紛失した際には通信が途切れた時点の位置を元にして探すことができるので、失くしたとしても発見しやすくなっています。


MAMORIO Biz詳細はこちら


まとめ

タブレットはビジネスでも利用されていて、多くの企業で取り入れられています。


タブレットは薄くて軽いので持ち歩くのに便利ですが、その一方でセキュリティ上のリスクが高いという問題があります。

タブレットは置き忘れや紛失につながりやすいので、パソコン以上にセキュリティ上のリスクが高く、情報漏洩につながりやすいのです。


ウイルス対策ができるソフトを導入する、遠隔操作できるように設定するなどタブレットへの対策をすることに加えて、社員にもセキュリティ教育を実施する必要があります。


企業で社員へのタブレットの貸出を安全に行うために、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしていただければと思います。


Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。