ブログ
BLOG

catch-img

会社携帯・スマホの紛失対策|データから見る紛失数・おすすめの紛失防止対策

スマホはほとんどの人が毎日持ち歩いているものなので、紛失する人は多くいます。

スマホの中には重要な情報がたくさん入っているので、紛失することには高いリスクあります。

とくに会社の携帯を紛失した場合には、リスクは会社規模になるのでさらにことが重大になります。


この記事ではスマホや会社の携帯をなくす人はどのくらいいるのか、またなくした際にはどんなリスクが発生するのかについてご紹介します。


なくすのを防止するための対策もご紹介していきます。


個人利用しているスマホや会社の携帯の紛失を心配している人は、ぜひ読んでみてください。


スマホを紛失する人は多い

日本人でスマホを使っている人は5人に1人が紛失したことがあり、そのうち11%のスマートフォンは手元に戻ってきていません。

スマホを紛失した人の中には、5回も紛失しているという人もいるようです。


スマホの中には、写真や文書の他、ネットバンキング情報、連絡先、仕事上のメールなど、第三者に漏らしたりしてはならない情報がたくさん保存されています。


連絡をとったり、仕事をしたり、スマホ一つでいろいろなことができてとても便利ですが、その分重要な情報もたくさん入っているのです。


スマホを紛失した場合のリスク

スマホの中には重要な情報がたくさん入っているので、紛失すると多くのリスクが伴います。

スマホをなくした際にはどんなリスクが発生するのかご紹介します。


紛失したあとに30万円以上の高額料金を請求されたケースも

紛失して高額なサービスに勝手に登録されるというトラブルは多くあります。

後から高額な料金を請求されるという不正利用による被害は多く、30万円以上になる高額料金を請求されることもあります。


例えばでかけた先でスマホを紛失して、家に着いた後に調べてみたところ身に覚えのない高額な請求があったという場合などがあります。

自分は何もしていないのに高額な料金を請求されて、支払いの義務が発生してしまいます。


紛失したあとに、すぐに回線を停止した場合であっても、後日登録した覚えのないサービスから高額な請求が来たというケースもあります。

サービスに登録したIDやパスワードもわからないので、高額なサービスを簡単に解約できない状態になってしまいます。


このようにスマホを紛失すると不正利用によって高額な請求をされる危険があるのです。

参考:国民生活センター


会社の携帯を紛失することも多い

会社では社員に会社の携帯を持たせることは多くありますが、会社の携帯を紛失することも多いです。

会社に務めている社員のうち1年間の中で会社の備品を紛失した人や紛失しそうになった人の統計では、数ある備品の中でも紛失することが最も多いのは携帯電話で、約6.5%となっています。


会社の携帯を紛失するとリスクはかなり高い

個人利用のスマホをなくすこともリスクは高いですが、会社の携帯となるとさらにリスクは高くなります。

起こるトラブルの規模は個人的なものではなく会社全体にまで及ぶからです。


会社の携帯の中には個人情報をはじめ大切な情報がたくさん入っています。


もし会社の携帯を紛失してしまった場合にはどのようなリスクが伴うのか、ご紹介していきます。


個人情報が漏洩する

社会的な問題になっている個人情報の漏洩ですが、そのうち約45%は携帯のような物品の紛失が原因となっているのです。

会社の携帯には、取引先や顧客の連絡先、仕事に関するメール、資料などが入っていて、個人情報が大量に保存されています。


このような会社の携帯を紛失することは、顧客のプライバシー情報、会社の機密情報など、第3者に渡ってはいけないような大切な情報が漏洩してしまうことにつながるのです。


個人情報が悪用される

携帯を紛失して悪徳業者や詐欺グループの手に渡ってしまったら、中に入っている個人情報は不審なダイレクトメールを発送するのに利用されたり、振り込め詐欺に利用されたりして、悪用されてしまいます。


会社への信用が低下する

会社の携帯から取引先や顧客の情報が流出してしまえば、責任問題になります。

実際に個人情報が流出して悪用されてしまった場合には、流出元となった会社のイメージは大きく低下することになります。


悪用されなかったとしても、上記のように悪用される危険性があるというだけでも会社のイメージは低下することになります。

会社の情報が漏洩することによって、株価の下落やブランド力の低下につながります。


顧客は会社の情報の管理体制に対して不満や不信感を持つので、会社への信用が低下してしまい、一度失った会社への信用を取り戻すことはとても難しいです。

ですのでこのような会社への信用の低下は顧客を失うことにつながるのです。


場合によっては、会社は社会的な信用を失って、倒産の危機に立たされてしまう可能性もあります。

たった1つの携帯を紛失することによって、会社の存続を揺るがしてしまうような事態に発展してしまう可能があるのです。


携帯の紛失を防止する対策を紹介

社用スマホ


紛失した時のリスクが高い携帯ですが、未然にできる防止策があります。

携帯の紛失は100%防ぐことができないので、紛失した場合に備えて準備や対策をしておくことが必要です。

それぞれの対策をご紹介していきます。


遠隔ロックサービスを利用する

それぞれのキャリアでは、法人携帯向けに「遠隔ロックサービス」というサービスが提供されています。

ソフトバンクの例をあげると「おまかせロック」や「安心遠隔ロック」などがあります。


このような遠隔ロックサービスでは、携帯を紛失した場合に、Web上の管理画面から特定の操作を行うことによって第三者が携帯を操作できないようにするというものです。


バックアップしておいてデータを消去する

携帯を紛失した場合に、保存している情報を拾った第三者に見られるのを防ぐ手段として、携帯に入っているデータを消去するという方法があります。


携帯の中のデータを全て消してしまえば、悪意を持った人間に拾われたとしても、情報が漏洩するのを防ぐことができます。


データを消去すると、電話帳にある連絡先のデータ、写真、インストールしているアプリ、各種設定がすべて消えて、リセットされた初期の状態になります。


前もってバックアップを取っておけば、新しい携帯を用意した時に元の携帯のデータや設定などを消去する前の状態に復元することができます。

携帯を紛失した場合に備えて、前もってバックアップを取って準備しておきましょう。


コンテンツやアプリによっては、バックアップによって復元できないものもあるので、事前に復元できるか確認するなど注意してください。


「Mamorio Biz」会社スマホ・携帯の紛失をゼロに


「MAMORIO Biz 」は紛失防止デバイス「MAMORIO」を利用した法人向けの備品の紛失を防止できるサービスです。


取り付けるタグ型と這って使えるシール型があり、パソコンやUSBの他、IDカード、鍵、など管理したい備品に取り付けて使えます。

専用のアプリをスマホでダウンロードして、簡単なセットアップを行うと使い始めることができます。


MAMORIOを利用している法人は1,500社以上あり、施工事業からシステム会社まで幅広い業界から安全性やデザイン性が高く評価されています。


経済産業省が主催するプログラム「J-Startup」の採択を始め、グッドデザイン賞、2018年度 日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2018年 日本テクノロジー Fast50 12位など、様々な賞を受賞しています。


MAMORIO Bizの製品をご紹介

MAMORIO Bizでは、それぞれの用途に合わせて「タグ型」と「シール型」の2種類のタイプがあります。


タグ型のMAMORIO S

備品に取り付けるタグ型のMAMORIO S は、様々な備品に付けて利用できます。

MAMORIO S

価格:3,000 円(税抜) / 個

サイズ:35.5mm x 19mm x 厚さ 2.8mm

重さ:2.4g

電池寿命:約1年間


シール型のMAMORIO FUDA

備品に貼って使えるシール型の MAMORIO FUDA は、タグ型のタイプが付けられないパソコンなどの機材に貼って利用できます。

MAMORIO FUDA

価格:3,000円(税抜) / 個

サイズ:24mm x 36.2mm x 厚さ 3.4mm

重さ:3.4g

電池寿命:約1年間


参考:その他製品詳細についてはこちら


MAMORIO Bizのメリット

MAMORIO Bizのメリットについてご紹介します。


小さくてコンパクト

MAMORIOは、世界最小クラスのコンパクトな紛失防止デバイスです。

小さくて薄いタグ型、貼って使えるシール型など、利用する備品やシーンに合わせてコンパクトで邪魔にならずに紛失防止対策が可能になります。


アプリの通知によって紛失を防止できる

MAMORIOを取り付けた備品が一定の範囲内から離れると、私用スマホから会社スマホを紛失した時に通知がきて知らせてくれます。


営業先など外出先で置き忘れてしまうことで紛失するのを未然に防ぐことができます。


法人に合ったサポートが充実

紛失してしまった場合にも、専門のサポートデスクが捜索を支援するので、紛失によって起こるトラブルを最小限におさえることができます。


他にも法人向けならではの便利なサポートが充実しています。


参考:その他サポート詳細についてこちら


まとめ

この記事ではスマホや会社の携帯の紛失についてご紹介しました。


個人利用のスマホも会社の携帯も同じようになくす人は多くいます。


スマホをなくすと不正利用によって高額な料金を請求されるなどのリスクがあります。

会社の携帯を紛失した場合には、さらにリスクは高くなり会社規模の大きな被害が発生する可能性があります。


紛失した場合には情報の漏洩を防ぐことができる対策もあります。

遠隔ロックサービスで携帯を操作できないようにしたり、バックアップしておいてデータを消去して情報を盗まれないようにするなどの対策があります。


紛失に備えた対策では前もって準備をしておく必要があるので、リスクに備えてなるべく早くから対策しておきましょう。



Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧