お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

ビーコンのビジネス活用事例5選|マーケティングから見守りサービスまで一挙紹介

ビーコンは様々なビジネスで活用されています。ユーザーがいる場所に合わせてクーポンやチラシを配信する、物を紛失しそうになった時に通知で知らせて紛失を防止するなど、サー様々な活用方法があります。

このページでは、ビーコンのビジネス活用事例を5つご紹介します。マーケティングから見守りサービスまで幅広い事例をご紹介していきます。ビーコンをビジネスに導入したいと考えている場合は、ぜひ参考にご覧ください。

目次[非表示]

  1. 1.店舗でのクーポン配信
  2. 2.オフィスや工場で人やモ物の位置を把握
  3. 3.探している物の位置を可視化
  4. 4.物の紛失防止サービス
  5. 5.人の見守りサービス
  6. 6.まとめ


店舗でのクーポン配信

ビーコンを利用して店舗でクーポンやチラシを配信することができます。

店舗にビーコンを設置しておきます。ユーザーにはビーコンの代わりになるビーコン受信アプリを入れてもらいます。

こうすることで、ビーコンの電波を受信できる店舗内に入ってきたユーザーに対してクーポンやチラシを配信することができます。その店舗に来店したユーザーたちは、スマホに届いたクーポンやチラシを閲覧します。ユーザーがいる場所に合わせて、店舗でクーポンやチラシを配信できるため、宣伝に効果的です。

たとえばユーザーが特定の店舗に近づくと、ビーコンの電波を受信したユーザーが限定の宣伝動画を見ることができるというキャンペーンを実施することもできます。こうすれば特定の店舗へ足を運んでもらうことができます。

オフィスや工場で人やモ物の位置を把握

ビーコンを利用することでオフィスや工場内で人やモ物の位置を把握できるようになります。

オフィスや工場内にビーコンを複数設置しておきます。社員たちのスマートフォンにもビーコンのアプリを入れておきます。

こうして社員のスマートフォンからの電波を受信できるようにしておくことで、社員たちの位置情報を把握できるようになり、どの社員がどこにいるのかリアルタイムで把握できるようになります。

社員の現在地を把握できるようになれば、その時作業場の近くにいる社員に作業を頼むことなどが可能になります。このようにして業務の効率を向上させることができます。

フォークリフトやクレーンなどの物にビーコンを設置すれば、同じようにモノの位置も把握できるようになります。利用したい物がどこにあるのかわかり、すぐに利用できます。このように物の位置を把握することも業務の効率の向上につながります。

このようにして人やモ物の位置を把握できるようにすることで、作業効率が向上し、生産性が向上します。

関連ページ:MAMORIO Biz は紛失防止デバイス「MAMORIO」を活用した法人向け紛失防止サービス

探している物の位置を可視化

ビーコンを利用することで、施設の中で探している物の位置を可視化して把握できるようになります。

ある図書館では、ビーコンを利用した本の貸し出しを試験的に行っています。ビーコンの機能により、ユーザーは自分が探している本がどこにあるのか大体の位置がわかるようになります。こうして自分が探している本がすぐに見つかるようになります。面積が広くて本の数が多い図書館であっても利用者が快適に図書館を利用できます。

この方法は図書館だけでなく、美術館などでも利用されています。ある美術館ではビーコンを利用して、ユーザーが作品に近づくとその作品についての説明を聞くことができるサービスなどが導入されました。

この方法はお店でそれぞれの商品がどこにあるのか把握するためのシステムにも利用できます。来店したユーザーは探している商品をすぐに見つけて購入でき、快適に買い物ができます。便利なショッピングができる店舗になれば来店客を増やすことができます。ユーザーが商品に近付いた際にその商品についての説明をユーザーに提供することも可能です。

物の紛失防止サービス

ビーコンの機能は、物を置き忘れたりして紛失するのを防ぐ紛失防止サービスにも利用できます。財布や鍵など紛失を防止したい物に、小型のビーコンを取り付けておきます。取り付けたビーコンはスマートフォンとBluetoothで連携させます。

こうすることで、スマートフォンを持った自分が物に取り付けたビーコンの電波が届かない場所まで遠ざかると、スマートフォンに通知が来るようになります。たとえば店で財布を落として立ち去ろうとした時にスマートフォンに通知がきて、財布を紛失しそうなことに気付くことができます。通知を見てすぐに取りに戻ることで財布などをなくさないで済みます。このようにビーコンの機能によって物の紛失を防止できるのです。

人の見守りサービス

ビーコンは人の見守りにも有効です。

子どもや高齢者、身体に障害のある方など、見守りたい人にビーコンを持ってもらいます。スマートフォンに専用アプリを入れることも可能です。

地域内の施設や自宅に受信スポットを設置しておきます。さらに地域の人々のスマートフォンに専用アプリを入れてもらうことで、そのスマートフォンも受信スポットになります。

こうすることで、見守りたい人が持っている見守り用のビーコンが発信している電波を受信した位置が記録されるようになります。こうして離れていても見守りたい人の居場所が常にリアルタイムで把握できるようになり、見守ることができます。

見守りたい人に持ってもらう見守り用のビーコンには、キーホルダー型やお守り型など、携帯しやすい工夫がされたものがたくさんあります。

まとめ

このページでは、ビーコンのビジネス活用事例を5つご紹介しました。ご紹介したように、ビーコンは様々なビジネスで活用されています。ビーコンのビジネス活用事例はマーケティングから見守りサービスまで幅広くあります。

ユーザーがいる場所に合わせてクーポンやチラシを配信したり、物を紛失しそうになった時に通知で知らせて紛失を防止したり、様々に活用できます。

ビーコンをビジネスに導入したいと考えている場合は、ぜひ今回ご紹介したビジネス活用事例を参考に、ビーコンを導入していただければ幸いです。


Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。