お役立ち記事一覧
Knowledge

catch-img

ポストコロナ社会での企業が取れる対応とは?働き方への変化・現代の参勤交代!?

新型コロナウイルスは経済面をはじめ社会に深刻な影響を与えています。


しかし新型コロナウイルスは、現代社会にある問題点を発見するきっかけにもなっています。

新型コロナウイルスによる危機的状況をチャンスに変えることができるのです。


この記事では、新型コロナウイルスによるピンチをチャンスに変える方法について、社会全体と企業それぞれご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.新型コロナウイルスと社会 - ポストコロナ/ウィズコロナ
  2. 2.「逆参勤交代」でピンチをチャンスに変えよう
  3. 3.メリット
    1. 3.1.満員電車がなくなる
    2. 3.2.地方の経済が活性化する
    3. 3.3.後継者不足が解消される
    4. 3.4.空き家問題がなくなる
  4. 4.新型コロナウイルスと企業 
  5. 5.変化に対応しなければ生き残れない
    1. 5.1.「イノベーション精神」でピンチをチャンスに変えよう
  6. 6.メリット
    1. 6.1.ビジネスチャンスがたくさん
    2. 6.2.社員はのびのび働ける
    3. 6.3.雇用の機会が増える
  7. 7.まとめ



新型コロナウイルスと社会 - ポストコロナ/ウィズコロナ

新型コロナウイルスは、世界規模で社会に深刻な影響を与えています。

各国で株価が下落し、世界の主要都市で外出禁止や都市封鎖が実施されていて、生産ラインが停止するなど、経済面をはじめ社会全体がダメージを受けているのです。


しかし新型コロナウイルスによって社会にある問題点を発見するきっかけにもなっています。

日本でも、新型コロナウイルスによって今まで隠れていた現代社会にあるリスクが顕在化されはっきりとわかってきました。

例えば満員電車での通勤、東京一極集中、インバウンド頼みの地域活性化などの問題が顕在化されています。


今、新型コロナウイルスというピンチをチャンスに変えることが求められています。

型コロナウイルスが収束した時に日本の社会と経済を復活させるための対応をするだけでなく、新型コロナウイルスを機に社会をさらに発展させるべきなのです。


「逆参勤交代」でピンチをチャンスに変えよう

都市生活者が地方へ行く「逆参勤交代」によって、新型コロナウイルスというピンチをチャンスに変えることができます。


「逆参勤交代」とは、江戸時代の「参勤交代」とは逆に都市生活者が地方へ行って期間限定でリモートワークをするという働き方です。

逆参勤交代はリモートワークを社会全体で行おうというものです。


新型コロナウイルスの危機は、働き方、暮らし方など、現在の社会のあり方を見直す機会となっています。


今は現在の社会のあり方を見直し、発展させる転換期なのです。

新型コロナウイルスを機に現在の社会のあり方を見直して、社会をさらに発展させることができます。


新型コロナウイルスの感染拡大の状況を考えながら逆参勤交代を実施するによってこれが実現できます。


江戸時代の辛い参勤交代とは逆の、令和の明るい逆参勤交代によって、ポストコロナ時代の新たな社会のあり方やライフスタイルを実現できるのです。


メリット

「逆参勤交代」で新型コロナウイルスというピンチをチャンスに変えることで、以下のようなメリットが得られます。


満員電車がなくなる

朝や帰宅時間帯の満員電車がなくなり、ストレスなく電車に乗ることができるようになるのです。


東京の都心へ行く人が減ることで、社員の多くは満員電車に乗る必要がなくなります。

通勤しない人も、通勤や帰りの満員電車となる時間帯に当たってしまい満員電車に乗ることもなくなります。


満員電車がなくなることで、ストレスを感じることなく移動できるようになるのです。


地方の経済が活性化する

社員とその家族が地方に向かうことで、地方のホテルや旅館、商業施設などの利用率が高まり、地方の経済が活性化されます。


新型コロナウイルスの影響で稼働率が減少してしまったホテルや旅館をはじめ、逆参勤交代者によって経営を再稼働することができます。


新型コロナウイルスの感染拡大の状況を考えながら逆参勤交代を実施することで、稼働率が減少してしまった事業の支援ができ、さらなる経済の活性化も見込めます。


後継者不足が解消される

人口減少が進む地方の地域では、事業の後継者が常に不足しています。

社長の後継者が見つからないといった問題を抱える企業は数多くあるのです。


逆参勤交代では、40~60代の経験豊富な層を、事業の担い手として雇うことができます。

地方の企業は経験豊富な人材を担い手とすることができ、後継者不足が解消されるのです。


空き家問題がなくなる

逆参勤交代によって、地方にリモートワークに使うためのオフィスや、社員が住むための住宅の需要が生まれます。


地方に多くある空き家をリノベーションして活用することで、空き家問題が解決できます。


新型コロナウイルスと企業 

新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業の間で事業が滞るなどして売上低下といったダメージを受けています。


しかし新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業はリモートワークのメリットなどに気付くことができました。


実際にリモートワークを実施して、会社に通勤することなく仕事をする事が可能であることもわかってきています。


変化に対応しなければ生き残れない

「環境が激変する時代では、企業は変化に対応しなければ生き残れない」ということはずっと言われて続けてきたことです。


歴史を振り返ってみると、18世紀後半に始まった産業革命では、変化に対応できた企業とできない企業とで、その後の発展や衰退に大きな差がありました。


変化の時代に対応できない企業はとても弱い企業になり、衰退していってしまいます。

現在のコロナ時代も同じで、コロナに対応できる企業が生き残ることができます。


「イノベーション精神」でピンチをチャンスに変えよう

経営学者のドラッカーは名著「イノベーションと起業家精神」で

「社会が変化する時に変化できる組織は最も強い」

というようなことを言っています。


変化を大切にするイノベーションが重要だという意味だと考えられます。


コロナ危機である今こそ、事業や働き方のあり方を改善することで、企業が大きく成長できる機会です。

「イノベーション精神」で変化することに積極的になり新たなことに挑戦していくことで、ピンチをチャンスに変えることができます。


メリット

コロナ危機の今、都市生活者が地方へ行く「逆参勤交代」と変化することに積極的になり新たなことに挑戦していく「イノベーション精神」が必要です。

このような姿勢で企業が取り組むことで、以下のようなメリットが得られます。


ビジネスチャンスがたくさん

地方が抱えている問題には、高齢化、観光、移動交通、農業など多くのことがあります。

これは地域の問題を解決する上で、企業にとって多くの事業機会があることを意味しています。

地方にはビジネスチャンスがたくさんあるのです。

自社の技術を活かして新たな事業に挑戦し、事業の拡大につなげることができます。


MAMORIOでもMAMORIOのBluetooth通信を活用し適切なソーシャルディスタンス維持の啓蒙支援と企業内での新型コロナウィルス感染者発生時の濃厚接触想定者特定の支援をサポートします。



社員はのびのび働ける

働き方改革ができるというメリットもあります。

今回の新型コロナウイルによって、企業のリモートワークは一気に進みました。

リモートワークによって通勤時間なくなり、ゆとりのある環境で働けるようになっています。


現代では社員の精神的ストレスが大きな問題となっていますが、逆参勤交代でリモートワークを社会全体で導入することで、社員の精神面の健康が改善されます。


雇用の機会が増える

新型コロナウイルスは採用の場面にも影響を与えていて、会社説明会から最終面接まで全ての選考をオンラインで行っている企業もあります。


このような採用を実施すれば、わざわざ何度も会社まで足を運ぶ必要がないため、多くの志願者が集まります。


雇用の機会が増え、多くの志願者が集まるため、その分有能な人材を多く採用することができます。


まとめ

新型コロナウイルスは社会に深刻な影響を与えていますが、新型コロナウイルスによる危機的状況はチャンスに変えることができます。


社会全体では、東京に出勤せずに各地でリモートワークをすることを社会全体で行う逆参勤交代によって、地方経済の活性化、満員電車がなくなるなどの効果があります。


個々の企業では、逆参勤交代によって人が地方で活動するようになるとビジネスチャンスが多く生まれ、リモートワークをすることで社員の自由な働き方を実現できるなどのメリットがあります。


変化に柔軟に対応して、新型コロナウイルスというピンチをチャンスに変えていきましょう。

Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。