導入事例詳細
CASE

セキュリティ
インシデントの抑止・
社員の意識向上に
大きな効果

ミライト様
MAMORIOを導入したきっかけ  情報系会社として、セキュリティインシデントの発生抑止は重要課題だった
MAMORIOを導入した決め手 今後のビジネス展開の可能性も考え、MAMORIOを導入
MAMORIOを導入した結果 セキュリティインシデント直前の状況の回避事例が6件!
株式会社ミライト情報システム
株式会社ミライト情報システム
事業推進本部 本部長 
佐山千春様
MAMORIOを有効利用することにより、
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の有効性を追求し、
お客様の信頼を一層高めることができるように取り組んでいきたい。


MAMORIOを導入したきっかけ

情報系会社として、セキュリティインシデントの撲滅は重要課題

これまで、数件のセキュリティ事故・インシデントが発生し、お客様情報等を扱う情報系会社として、その根絶が必要な状況でした。

また、セキュリティ確保の対象として、社員証、入館カード、お客様情報等の重要情報を保存するノートPCに加え、シンクライアント等のテレワーク環境も加わり、守るべき対象範囲が広がっていく状況は、早急な対策をとる必要がありました。

特に、コレまでの社員教育・訓練等の各種セキュリティ対策でも、やはり「うっかり」の防止は難しく、「検知」面の対策(重大事故につながるセキュリティインシデントの早期発見の仕組み作り)が弱く、その強化を図っていくことが必要と判断していました。

社内
MAMORIOを導入した決め手
MAMORIOをつけた社員証

SDKが用意されており、位置情報を活用したビジネス展開の可能性も考え、MAMORIOを導入

課題への対策について各社のツール等を評価し、特に以下のポイントが有効・有益と考え、MAMORIOの導入を決めました。

  • 世界最小クラスの落とし物防止タグで、携帯性に優れ、可愛くデザイン性も高い上に低価格であること。
  • SDK(Software Development Kit)も公開されており、ソフトウェア開発会社として、今後のビジネス展開に向けても有益と判断。

セキュリティカード、業務用携帯電話機、テレワーク関連機器を対象にMAMORIO装着を義務化し、運用に至ってます。

2018年度は530個導入し、電池交換対応を経て、2019年度も引き続いて運用を継続しています。

MAMORIOを導入した結果

ヒヤリハット(セキュリティインシデント)の回避事例が6件!

セキュリティインシデント直前の状況の回避事例が6件あり、MAMORIO導入に効果があることがわかりました。

▼導入約1年後に、有効性等についてアンケートで確認(6件の内訳)

  • 一時的に見失ってMAMORIOを使って所在確認した:5件
  • 紛失したと思い、上長に報告したが、直後にMAMORIOで確認し見つかった:1件

アンケート結果では、1年目の運用で93%の社員がMAMORIOを活用しており、継続して2年目の運用を開始しています。

また弊社内の新規事業検討チームでは、MAMORIOを活用したソリューションを検討中ですので、今後もMAMORIOさんとのお付き合いは継続していきたいと思っています。

社員様

なくすを、なくす。
企業の紛失、個人情報漏洩をゼロに。

商品・機能の詳細説明や、詳しい導入事例紹介を無料でダウンロード
資料

Contact MAMORIO Biz についてもっと知る

利用用途や料金プランなどお気軽にご相談ください。
詳しい資料もご用意しております。